女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月18日

大砂塵(1954年)【西部劇・ロマンス映画】 Johnny Guitar (1954)

監督 ニコラス・レイ/Director: Nicholas Ray
出演 ジョーン・クロフォード、スターリング・ヘイドン/Starring: Joan Crawford‚ Sterling Hayden

クロフォードの貫禄

 きのうの「ツーリスト」が2010年公開、本日の「大砂塵」は1954年。56年を一挙にさかのぼった理由が自分でもよくわからない。ただ映画史などの資料を読んでいると、不意に「お。これは面白いな」という映画に出会うことがあります。本作もそうです
▼映画のでき云々もさることながら、広範囲に影響を及ぼし、もしこの映画がなかったら後世の地図は今とはちがったものになっていたかもしれない。そんな作品の一本だと思うのです。「大砂塵」というより「ジャニー・ギター」という主題歌のほうをご存知の方が多いかもしれません。ヴィクター・ヤングの作曲とペギー・リーの歌うこの曲は世界的なヒットとなりました。ペギー葉山さんの「ペギー」は、ペギー・リーに由来しています
▼フランスで公開されたとき、映画批評の代表誌「カイエ・デ・シネマ」の同人たちが熱狂的に支持し、うち一人、ジャン・リュック・ゴダールは「勝手にしやがれ」でオマージュを捧げます。大姉御クロフォードが演じる酒場の女主人が気にいったのでしょう、のちにマレーネ・ディートリッヒが無法者のボスに扮した「無頼の谷」も、彼は高く評価していましたから
▼というのもヒロイン、ヴィエンナ(J・クロフォード)が新しい女性像だったからだと思えます。クロフォードは様々なアメリカ女性が、賃金と身分の上昇のため奮闘する役を熱演してきまして、この映画では酒場のオーナーに「昇格」です。監督のニコラス・レイがクロフォードを無視して、共演の女優にばかり演技指導をすると怒り、最後の女同士の対決はクロフォードが要求してできたものです。当時彼女は引退同然とみなされていましたが、銃を手にしたヴィエンナは、それまでのスクリーンには登場しなかった、銃と力に訴える女を(いいか悪いかはともかく)威風堂々と演じました
▼まだ鉄道も通っていない西部の町に、流れ者のジョニー・ギター(スターリング・ヘイドン)がふらりとやってくる。昔の恋人だったヴィエンナを訪ねて身を寄せる。彼女は酒場の女主人だ。町に鉄道を通そうとするヴィエンナは町の人々から嫌われている。ヴィエンナを恋敵と狙うエマは、町長らをたきつけてヴィエンナを追放しようと画策する。暴徒と化した町の人々がヴィエンナの酒場を襲うが、さあ、ヴィエンナはどう出たか。今みても貫禄ですよ。

Crawford’s presence

Yesterday’s film The Tourist was released in 2010. Today’s film‚ Johnny Guitar‚ was released in 1954. I don’t really know myself why I went back 56 years but when I read about film history‚ I suddenly “encounter” films and think‚ “Hey‚ this looks interesting.” This is one such film.

It goes without saying how well this film did and so on‚ but its influence was extensive and if it wasn’t made‚ the map of the future world might have been different. I think that this is one of those kinds of films. There are probably more people who know this film by the name Johnny Guitar than “Great Cloud of Dust” (translated from the Japanese title). The song composed by Victor Young and sung by Peggy Lee became a worldwide hit. The “Peggy” in Peggy Hayama is from Peggy Lee.

When this film was released in France‚ the literary group of the magazine Les Cahiers du cinema feverishly supported it‚ of which‚ Jean-Luc Godard paid homage by saying “To hell with that”. Perhaps he liked the female saloon owner protagonist played by “big sister” Crawford. He also highly praised Marlene Dietrich who played the outlaw boss in Rancho Notorious.

I think that this is because the heroine Vienna (Joan Crawford) was a new woman figure. Crawford had played various American women that fight for wages and promotions and in this film she raised her status as a saloon owner. Director Nicholas Ray ignored Crawford‚ coaching only her co-stars. She got mad at this and it was Crawford who demanded that there be a final confrontation between two women. At the time it was seen that it be natural for her to retire‚ but with Vienna and her gun in hand‚ she majestically played a never before seen woman who resorted to guns and power (regardless of whether that is good or bad).

In a Western town where the railroad doesn’t yet pass‚ wanderer Johnny Guitar (Sterling Hayden) aimlessly shows up. He visits his former lover Vienna. She is a saloon owner. The townsfolk dislike her because she wants the railroad to pass through the town. Vienna’s love rival Emma schemes to stir up the town mayor and others to have Vienna thrown out. The townsfolk attack Vienna’s saloon‚ but how did she get out? Even watching it now‚ we can feel Crawford’s presence.