女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月20日

伯爵夫人(1967年)【コメディ映画】 A Countess from Hong Kong (1967)

監督 チャーリー・チャプリン/Director: Charlie Chaplin
出演 マーロン・ブランド、ソフィア・ローレン/Starring: Marlon Brando‚ Sophia Loren

チャプリンとM・ブランドの確執

 今からみると不思議なことがいくつかある。チャプリンは当時、筋金入りのトラブル・メーカーで、だれも使いたがらなかったマーロン・ブランドを起用した。ブランドがコメディに向くとは思えなかった。それがわかっていたブランドは、チャプリンのオファーを断った。ブランドの自伝「母が教えてくれた歌」によると「コメディに自信はなかったが、天才チャプリンが大丈夫というなら大丈夫だろう、彼は隠れた持ち味を私からひきだすつもりなのだ。それで映画がうまくいくなら一肌脱ごう」そのつもりで参加した
▼しかし「チャプリンが無類のサディストであることを知った。自分本位の暴君でしみったれなのだ」とこきおろし「私はチャプリンをメディアが生んだもっとも偉大な天才として尊敬している」とはいえ「チャプリンは長短さまざまな要素がからみあってできていた。その点ではわたしたちとなんら変わらない」とあっさり偶像破壊に手を貸している
▼かくいうブランドも、チャプリンの神経を逆なですることを平気でした。まさに龍虎あい打つ。本作はチャプリン81作目にして初のカラーだ。77歳だった。遺作になった。不評だった。チャプリンが自作に主演しなかったのは本作と「パリの女性」の2本だけである。自分が主演して、サディストだろうと何だろうと、だれにもモノをいわせないやりかたを貫いていれば、どんな映画になっていただろう。過去に黒澤明が「影武者」で勝新太郎を降板したことがあった。チャプリンとブランドの間にも、チャプリンは完全主義、ブランドはこわいものなし、一触即発の場面があったことが、自伝に書かれている
▼豪華客船で世界旅行の途上、香港に寄港した外交官オグデン(M・ブランド)は、父の旧友にロシアの亡命貴族ナターシャ(S・ローレン)を紹介される。彼女にひかれたオグデンであるが、翌朝彼女が自分の船室に隠れているのをみてびっくり。売春を強要される香港の生活から脱出しようと、彼女は密航を企てたのだ
▼ローレンが登場するとスクリーンの空気が一変する。彼女が現れるたび、これからとんでもないことが起こる予感が観客に伝わる。彼女は33歳。「ふたりの女」ですでにオスカーを獲得し、名声を確立していた。ちょっととまどった感じはあったものの、ローレンの喜劇のセンスは、やはり抜群だ。もうひとつ。水泳がうまいのに驚いた。そういえば彼女は海の町、ナポリ近郊の出身だった。

The feud between Chaplin and Marlon Brando

When I think about it now there are a few strange things. Charlie selected Marlon Brando‚ who‚ at the time was known to be a real troublemaker that nobody would hire. Brando didn’t think he would suit comedy‚ and knowing that‚ turned down Chaplin’s offer. According to his autobiography Songs My Mother Taught Me‚ his reason for participating in the film was‚ “I wasn’t confident at comedy‚ but if the genius Chaplin said I’d be okay then perhaps I would be. He was going to draw out my natural flavour. If the film would be better for it‚ I was ready and willing.”

However‚ Brando denounced him by saying that‚“I knew that Chaplin was an unequalled sadist and a self-centred‚ stingy tyrant.”Moreover‚ although he said‚ “I respect Chaplin for being the greatest genius that mass media has produced‚” he helped break his image by saying‚“Chaplin was made up of an entanglement of pluses and minuses‚ and various other factors. In that regard‚ he’s not so different to the rest of us”.

Even Brando too‚ was okay with rubbing Chaplin the wrong way mentally. It really was the battle of two mighty rivals. This was Chaplin’s 81st film and his first colour one. He was 77 years old. It became his posthumous work and was poorly received. The only films that Chaplin didn’t star in were this one and A Woman of Paris (1923). I wonder what kind of film it would have been if he had starred and stuck to forcing his methods on others? In the past‚ there was Shintarou Katsu who resigned from his role in Akira Kurosawa’s film Kagemusha. Between Chaplin and Brando too- Chaplin’s perfectionism and Brando’s fear of nothing- it is written in Brando’s autobiography that there were some tinderbox moments.

Aboard a cruise ship traveling the world that stops at the port in Hong Kong‚ Ambassador (to Saudi Arabia) Ogden (Marlon Brando) is introduced to Natasha (Sophia Loren)‚ daughter of a Russian exile escaping her father’s old friend. Ogden is attracted to her and is surprised to see her hiding in his cabin the following day. She planned to smuggle herself in order to escape from being forced into prostitution in Hong Kong.

When Sophia Loren appears the feeling on the screen completely changes. Each time this happens the audience gets the feeling that something outrageous is about to happen. She was 33 years old. She had already won an Oscar in Two Women and established her fame. She does come across as being a little bewildered‚ but her comedic sense is top class. One more thing‚ I was surprised at how well she can swim. Come to think of it‚ she grew up on the outskirts of the seaside town‚ Naples.