女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年12月17日

市民の声を市政に活かす―枚方市―

Pocket
LINEで送る

枚方市 行政改革部

委員会・審議会の市民委員募集中

 枚方市では、市の委員会・審議会における市民代表となる「市民委員」を募集している。例えば枚方市行政改革部では、有識者などから成る『枚方市新行政改革大綱策定委員会』を設立するのだが、その委員として『新しい行政改革に市民の視点を』との考えから、市民委員を募っている。
 枚方市によると「枚方市では平成8年度の行政改革大綱策定以来、職員数削減や業務効率化などの行政改革に取り組み、健全な財政を維持しつつ、安心・安全を最優先に考えた行政サービスを安定して提供してきました。しかし、急速な少子高齢化や地方分権の進展、経済の停滞、さらに大規模災害に備えたまちづくりの重要さが増しているなかで、未来を見据え機能し続ける『市役所づくり』を目指すため、さらなる行政改革が必要不可欠です」。そこで、15年ぶりとなる新たな行政改革大綱づくりを行うことになった。
 「新しい大綱では行政の役割と責任を再度明らかにし、枚方を良くしていく、市民満足度を高めていくための方向性や道筋を確認していきたいと考えています。そのためには、市民の皆さんのご意見が必要です」。市民と行政が力をあわせ、市政をより良い方向へ。市民の『声』は市政を動かす大きな『力』となる。「すでに募集は始まっています。応募要項や応募用紙などは市役所本館で配布しているほか、ホームページからもダウンロードできます」。
 この他にも、『市民まちづくり基本条例策定委員会』(市民活動課)や、『枚方市人権尊重のまちづくり審議会』(人権政策室)でも市民委員を募集している。他の審議会などの委員を務めていない20~72歳(『枚方市人権尊重のまちづくり審議会』のみ71歳)までの枚方市在住・在勤・在学者が対象。12月22日応募締切。枚方市をもっと住みよい街にするために、参加されてみてはいかがだろうか。

※ 詳しい応募要項や応募方法などは、枚方市のホームページから各部署のサイトをご確認ください

Pocket
LINEで送る