女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年12月18日

年末年始こそ防犯を ―大阪府―

Pocket
LINEで送る

車上ねらい・部品ねらい

車内からっぽ・盗難防止ネジ・2重ロックが被害防止の決め手

 何かと慌ただしい年末年始だが、車上ねらいや部品ねらい、自転車の盗難など、身近で起こりやすい犯罪に注意したい時期でもある。とくに大阪府は車上ねらいや部品ねらいの被害件数が全国ワースト1位。街頭犯罪の中で4割以上を占める自転車の盗難(3万6294件)も、全国でワースト2位だ※。どうすればこれらの被害を防止できるのか。大阪府治安対策課の岸田直樹さんに話しを聞いた。


 「車上ねらいの場合、車を出る際には車内に何も残さない『車内からっぽ』が基本です」。犯人はドアをこじ開けたり窓ガラスを割るなどして車内の現金や物品を盗むのだから、車内に何もないと判断すれば手を出してくる確率は低くなる。「カーナビの被害も多いですが、もっとも効果的な対策としては盗難防止ネジをつけることです。また、ポータブル型のカーナビであれば車を出る際に必ず持ち出す。こうした対策は安価で、誰にでもできますから、ぜひ実施してほしいですね」。
 部品ねらいはどうか。「ナンバープレートの盗難が約3~4割を占めます。対策としては、ナンバープレート盗難防止ネジの取付けが最も有効な手段です」。一般のカー用品店で購入でき、安価で自分でも取り付けらける反面、バイク販売他店などでないと外せない仕組みになっている。ナンバープレートは盗難されると、別の車に取り付けられ、犯罪に使用されることもある。すぐにとれる対策、年内にすませておきたい。

 「自転車は、盗難被害の約半数が無施錠です。(自転車の)盗難を防ぐためには、2個以上の鍵を付けること。容易に開錠できないシリンダーキーが有効です」。短時間であっても施錠を心がけ、路上駐車をしない、決められた場所に駐輪することも重要だ。「また、防犯登録をしておけば盗難時の発見・返還に役立ちます。(購入時などに)必ず行ってください」。
 ひとりひとりの防犯意識が、府内の犯罪を減らし、暮らしやすい街づくりにもつながる。自身のために、大阪府全体のために。忙しいときだからこそ、防犯意識を高めたい。

 数字はすべて平成22年中

Pocket
LINEで送る