女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年1月1日

新年のご挨拶 ―ウーマンライフ新聞社― 代表取締役  西川雅子

Pocket
LINEで送る

株式会社ウーマンライフ新聞社 代表取締役  西川雅子
Representative Director‚ Masako Nishikawa

あけましておめでとうございます。

 ウェブ版ではじめての新年のご挨拶を申し上げます。読者のみなさま、関係各位のみなさまに、どうぞよいお年であることを心からお祈り申し上げます
▼東日本大震災とつづく原発事故があまりに大きかったこと、災害が少ないといわれていた奈良県でこれまた大きな被害があったこと、いつまでも不透明な景気の先行き、落ち着かない政治、昨年はまったく波乱につぐ波乱の年でした
▼わが社にあっても、本社支局とも暴風雨を凌ぎながら新年を迎えた、というところでしょうか。そんななかにあっての最大の収穫は、紙媒体とSNSとの融合だったと思えます
▼昨夏たちあげたウェブ版には、まだまだ取り入れねばならない技術、習熟しなければならない取材とウェブ編集デザインのノウハウなど、課題は山積しているものの、それは苦労のしがいのある、楽しい可能性の広がる課題になりそうです
▼いみじくも「絆」とは心と心を結ぶネットワークではないでしょうか。発信者から受信者へ、作り手から読み手へ、問いかける人から答える人へ、思いから思いを伝える媒体であることをわたしたちはめざしています。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

“Web Edition”

Happy New Year. I would like wish you a Happy New Year from the web edition. To each and every reader‚ and to all those whom it may concern‚ please allow me to express my hope for you all to have a very good new year.

Following the Great Eastern Japan Earthquake was the enormity of the nuclear reactor disaster‚ here in Nara Prefecture where it was hardly affected was again another disaster‚ the direction of an uncertain economy‚ unsettled politics; last year trouble continued unabated.

Even at our company‚ the head office endured the storm to greet the new year‚ as it were. I think it was the fusion of a paper medium and SNS which brought about the greatest yield.

Our web edition‚ which was launched last summer‚ still requires skill‚ expert reporting and web editing and design know-how. Although there is a mountain of tasks ahead‚ it looks to be one worthy of hardship and expanding enjoyable possibilities.

The word “kizuna” is aptly that of a network interconnected by hearts. From sender to receiver‚ writer to reader‚ question asker to answer giver‚ we are aiming to make a medium which conveys feelings. We greatly appreciate your patronage again this year.

Pocket
LINEで送る