女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年1月4日

あすなろ麺、モンドセレクションで3年連続金賞授賞!

あすなろ麺

障がい者通所助産施設あすなろ

 社会福祉法人豊中愛和会が平成15年に設立した「障がい者通所助産施設あすなろ」。同施設では約60名いる利用者がオリジナルカレンダーの製作販売や帳票類・名刺などを印刷する「印刷班」や、枕カバー折りなどを行う「軽作業」、施設内を清掃する「清掃班」、施設の車を洗車する「洗車班」、そして「あすなろ麺」を作る「製麺班」の5つの班にわかれて作業している。
 そのうち、「製麺班」が作る「あすなろ麺」が、食品などの分野で世界的に有名な「モンドセレクション」で3年連続金賞を受賞、国際優秀品質賞も授与された。

 障がい者通所助産施設あすなろの施設長・迎和明さんによると「(同施設の)開設計画の段階で授産工賃を安定的に支払うためには自主製品の製造・販売が良いと考え、日々消費する食品で当法人の関連病院や高齢者施設での給食材料として需要の見込めるうどんの製造をすることにしました」。
 やるからには本格的なうどんを。讃岐うどんの伝統的製法を学ぶため職員が香川県などで修業、うどん作りの基礎をマスターした。「その後も幾多の思考を重ねています。昨年には塩と水を変え、2011年モンドセレクションの最高金賞を目指しました」。残念ながら最高金賞は逃したものの、3年連続の金賞受賞。永久に金賞受賞を表示できる国際優秀品質賞も授与された。

 「一般企業に負けない品質のものが作れ、利用者たちの遣り甲斐や自信にもなりました。また、同じ障がいを持つ周囲の人たちにも勇気を与えられたと思っています。今後、更なる品質の向上に取り組み、再び最高金賞を目指します」。

 コシがあり、1度食べるとやめられないとリピーターも多い「あすなろ麺」。一般の方も購入可能で、豊中市内などの酒屋や鮨屋、同施設の売店や関連施設などで販売中。インターネットによる購入も可能だ。「各種バザーやイベントでも販売していますし、月に1回はイオン豊中緑丘店で出張販売もしています。ぜひご賞味ください」。