女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年2月1日

「ハリー・ポッター」完結記念特集1 ハリー・ポッターと賢者の石(ファンタジー映画) Harry Potter and the Philosopher’s Stone(2001)

監督 クリス・コロンバス/Director: Chris Columbus
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

映画に魔法をかけた映画

 とうとうこの映画になりました。「ハリー・ポッター」シリーズ全8編。2001年「賢者の石」から2011年「死の秘宝2」まで10年、世界中をわかせたファンタジーです。ゆっくりみていきましょう
▼いい年をした大人がハリポタ公開を待って見に行く。なんでや。世界中をとりこにした最大のキーワードがこれ「魔法」です。せちがらい現実を生きる大人こそ魔法に対して潜在的な憧れをもつ。しかも幼い頃の夢の国にさそうノスタルジアがこの言葉にはある。ハリポタは全編「魔法物語」といっていい。最高の映画技術を駆使した撮影と哲学。たとえばダンブルドア校長(リチャード・ハリス)のこんな言葉「自分が何者かは能力では決まらない。何を選択するかだ」ハリーの成長を見守る校長やマクゴナガル先生(マギー・スミス)の言葉には、箴言ともいえる深い意味がこめられています
▼「賢者の石」でハリポタ全シリーズの主要人物はほぼ出揃います。ハリー(ダニエル・ラドクリフ)の両親は最凶の魔法使いヴォルデモートに殺害された。ヴォルデモートはハリーも殺しかけたが、魔法が自分にはね返り肉体を失って逃走、ハリーは最凶の魔法使いから唯一生き延びた子として魔法界では有名だった
▼魔法界のプリンスとしてハリーは前途を嘱望されている。それを気に入らない連中がいる。ハリポタは人間のダークサイトをもたっぷりとりいれた、闇のファンタジーという要素が濃い。これも大人をひきつける魅力だ。「禁断の森」「立入禁止の廊下」「心を狂わす鏡」聞いただけでムズムズするミステリアスな言葉とシーンが、息つく間もなく発信される
▼クリス・コロンバス監督は24歳でスティーブン・スピルバーグに認められ、彼の設立した制作会社で脚本家としてスタート、監督第一作「ホーム・アローン」で大ヒット「ミセス・ダウト」「ナイト・ミュージアム」など、このジャンルの第一人者となっています。イギリスの児童文学作家J・K・ローリングがハリポタを書きあげたのは30歳。年収182億円。関連商品をあわせた彼女の総資産840億円はエリザベス女王を抜きました
▼往年の名優について。ハリーが杖を求める超一流の杖作り「オリバンダーの店」の店主は「エレファントマン」の主演、ジョン・ハートです。意地悪かつ俗物根性丸出しのハリーの叔父さん、バーノン・ダズリーを演じるのはリチャード・グリフィス。「炎のランナー」「ガンジー」「フランス軍中尉の女」「スリーピング・ホロウ」の名脇役です。

A film that cast magic on films

At long last we’ve reached this film. The Harry Potter series comprises eight films. Over the ten years spanning from “the Philosopher’s Stone” to “the Deathly Hallows Part 2”‚ the fantasy series set the world alight. Let’s take a close look at it.

A mature adult waits to go and see the release of a Harry Potter film. What for? The crucial keyword that captivated the world is this: “magic”. To adults living in the tough real world‚ magic has a potential allure about it. Moreover‚ this world also contains an inviting nostalgia from our childhood dream worlds. It would be appropriate to call the series‚ “A Story of Magic”. Filmed with the best cinematic techniques and philosophy. For example‚ headmaster Dumbledore’s (Richard Harris) words: “Your abilities don’t decide who you are. It’s what you do with them.” The words of the headmaster and Professor McGonagall watching over Harry’s growth carry deep meaning which could be even seen as proverbs.

Most of the central characters to the entire Harry Potter series appear in Philosopher’s Stone. Harry’s (Daniel Radcliff) parents were brutally murdered by the evil wizard Voldemort. Voldemort then tried to kill Harry but his magic rebounded‚ and losing his body‚ flees. Harry becomes famous in the magic world for being the only child to survive the evil wizard.

As the prince of the magic world‚ Harry has great expectations put upon him. There is a gang that don’t care for this. The Harry Potter films adopt a dark side of people; the element of dark fantasy is rich. This is also attractive for adult (audiences). “The Forbidden Forest”‚ “The Forbidden Passage”‚ “The Mirror of Erised (desire)” Just hearing this‚ creepy and mysterious words and scenes are shown to us without any time to catch our breath.

Chris Columbus was 24 years old when Steven Spielberg recognised his talent. He started as a screenwriter at his own start up production company‚ and produced the big hit film Home Alone‚ Mrs Doubtfire‚ Night at the Museum‚ and others. He is the top of the genre. British children’s literature author J.K. Rowlings wrote Harry Potter when she was 30 years old. Her annual income was ¥18.2 billion. Combined with merchandise sales‚ her total assets surpass that of Queen Elizabeth at ¥84 billion.

Let’s talk about famous actors. When Harry seeks out his wand he meets the master wandmaker and owner of Ollivanders‚ performed by John Hurt. Mean and snobbish uncle of Harry is Vernon Dursley‚ played by Richard Griffiths. One of the many famous supporting actors‚ he has performed in Chariots of Fire‚ Gandhi‚ The French Lieutenant’s Woman‚ and Sleepy Hollow.