女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年2月5日

「ハリー・ポッター」完結記念特集5 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ファンタジー映画) Harry Potter and the Order of the Phoenix(2007)

Pocket
LINEで送る

監督 デイビット・イエーツ/Director: David Yates
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

ついに勃発 魔法戦争

 ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)が復活した。それを信じない魔法省は、警告を発するハリー(ダニエル・ラドクリフ)やダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)を危険分子とみなし、ホグワーツ魔法学校を省の管理下においた
▼防衛術の新任教師に魔法省からアンブリッジ(イメルダ・スタウントン)を送り込むが、彼女の防衛術は闇の魔術に対してはあまりにも効力がなく、ハリーは有志を募り実地訓練を開始する。ダンブルドアも悪の魔法に対抗する「不死鳥の騎士団」を結成、一方でヴォルデモートは配下を集めハリー抹殺計画を進める
▼ヴォルデモートの威力にハリーは絶体絶命、そこへダンブルドアが駆けつける。大魔法使い二人の頂上決戦が秘術を尽くして闘われ、ハリーの親代わりだったシリウス(ゲーリー・オールドマン)が命を落とす。ヴォルデモートはダンブルドアにかなわず、腹心の魔女ベラトリックスとともに逃走する。闘いの現場をみた魔法界の面々は、ヴェルデモート復活がハリーのつくり話でなく真実であったことを知る
▼いよいよ本格的に悪のヴォルデモートが始動。たぐい稀な魔術力をふるって魔法界の支配に乗り出します。ダンブルドアの対抗勢力である魔法界の大臣は、ホグワース魔法学校もろともダンブルドア一派を壊滅させるため、手先として送り込んだアンブリッジ先生の憎らしいこと。「不死鳥の騎士団」は悪の元祖ヴォルデモートと、いじわるおばさんアンブリッジの大活躍で映画を盛り上げます。みどころといえば…ハリーの初めてのキス・シーンもあるけど、やはりこの人でしょうね。ヴォルデモートの腹心にして残虐なサディストであるベラトリックス。アズカバンから脱獄し魔法戦争に加わったえげつない魔女は特殊メイクもすごい
▼扮するのはヘレナ・ボナム・カーター。異様なメイクは彼女がパートナー、ティム・バートン監督の映画の常連になってから(彼女の母親は、娘がひどい顔にばかりされるので、彼の映画にはでないでと頼んだそう)見慣れたものかもしれませんが「不死鳥の騎士団」では特筆ものだ。ヘレナは「アリス・イン・ワンダーランド」の「赤の女王」から「英国王のスピーチ」の国王の妻までこなす素晴らしい演技派だ。闇の帝王の右腕にふさわしい、壮絶バトル・残酷非道大好き女魔法使いをわがものに演じています。

The outbreak of a war of magic

Lord Voldemort (Ralph Fiennes) has returned. The disbelieving Ministry of Magic regard Harry (Daniel Radcliffe) and Professor Dumbledore (Michael Ganbon) as dangerous elements and place Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry under their supervision.

The new Defence Against the Dark Arts teacher Dolores Umbridge (Imelda Staunton) is sent by the Ministry of Magic‚ but because she has no little self-defense against dark magic‚ Harry calls upon like-minded members and begins hands-on training. Professor Dumbledore (Michael Gambon) also opposes evil magic and forms “The Order of the Phoenix”‚ while in the meantime Voldemort (Ralph Fiennes) assembles his minions and advances his plans to kill off Harry.

Harry is no match for Voldemort’s power‚ and when facing death Dumbledore saves him. The two great wizards fight a decisive battle using their secret magic‚ and Harry’s guardian parent Sirius Black (Gary Oldman) is killed. Voldemort is unable to beat Dumbledore and so flees with his most trusted witch (and Death Eater)‚ Bellatrix Lestrange. Everyone in the magic world who witnessed the battle learn that Voldemort’s return is not the lie of Harry.

At long last evil Voldemort begins his terror. Wielding a strange type of dark magic‚ he sets out to regain control of the world of magic. In order for the Minister from the Ministry of Magic (Dumbledore’s opposing force) to destroy Dumbledore’s Order is the hatefulness of Umbridge who has been sent there as a pawn. The film enlivens with The Order of the Phoenix‚ evil Voldemort and the unkind Umbridge. The highlight... well‚ there is the scene of Harry’s first kiss‚ but probably this person: Bellatrix‚ the brutal sadist and right-hand man to Voldemort. The makeup of the dirty-playing witch who joined the magic war after escaping from Azkaban is amazing.

Performing her is Helena Bonham Carter. She is a regular in director Tim Burton’s films so eccentric makeup is something that she is used to (her mother is known to have said “My daughter is always given a bad face so I asked her not to perform in his films”) but in Order of the Phoenix this was something special. Helena is a talented actress performing in roles from The Red Queen in Alice in Wonderland to Elizabeth Bowes-Lyon in The King’s Speech. She took the role of a tremendous battle‚ cruelty and tyranny loving Death Eater fit for the Dark Lord and made it her own.

Pocket
LINEで送る