女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年2月8日

「ハリー・ポッター」完結記念特集8 ハリー・ポッターと死の秘宝2(ファンタジー映画) Harry Potter and the Deathly Hallows-Part2(2011)

Pocket
LINEで送る

監督 デイビッド・イエーツ/Director: David Yates
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

オールスター総出演 最高のド迫力

 いよいよハリポタ完結編。完結編に恥じない魔法術の総決算です。最終章にして初めて明らかになる主要人物の秘密、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)の母リリーとスネイプ先生(アラン・リックマン)の悲恋が明らかになる。しかし魔法省の大臣は殺され、死喰人に乗っ取られたホグワーツ魔法学校は壊滅の危機にあった。つぎつぎ命を落としていくハリーの仲間たち。ダンブルドア校長はなぜ解決策を教えてくれなかったのか。いったい支配者を決めるニワトコの杖の、真の所有者はだれか。ハリーのなかに初めて校長への不信が宿る
▼ついにホグワーツ城を死食人の軍団が取り巻いた。ヴォルデモートは陣頭に立ち、総攻撃を命令した。最終決戦である。ハリポタシリーズに登場したありとあらゆるキャラクター、大蜘蛛あり巨人あり、回想の人物たちあり、オールスター総出演で完結編を盛り上げる。ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)亡き後、魔法学校を守ってきたマクゴナガル先生(マギー・スミス)は生徒たちを指揮し、勇敢にヴォルデモート軍と戦う。魔法と魔法、正邪入り乱れた激突だ
▼勝利を決める最後の分霊箱はどこに。ヴォルデモートの分身・大蛇ナギニがそれだとハリーは気づく。壮絶な死闘が大蛇と繰り広げられる。右腕ベラトリックスは戦死した。彼女を失ったヴォルデモートは必死だ。ありとあらゆる秘術を尽くし応戦する。あわや、というときたくましく成長した学友ネビルの一撃がナギニに振り下ろされた。しかし、ヴォルデモートは死なない、ちがう分霊箱がまだあるのだ。最後の最後、たったひとつ残されたヴォルデモートの分霊、それはハリー自身だった…ハリーは破壊された学校の瓦礫のなかで倒れている多くの生徒たちを見て、この闘いをおわらせなければならないと決意。死を覚悟して決戦を挑む。ヴォルデモートを倒すことは、分身である自分も死ななければならないのだ
▼生死をさまようハリーの意識のなかに、ダンブルドア校長が現れる。これまで真偽のほどが不明だった校長への疑惑、スネイプとの密約が解明され、役目を終えた校長は最後にこの言葉を残す。「わしは言葉をあやつることが好きでな。言葉とは尽きることのない魔法の源じゃ。傷つける力も癒す力も持っている。さて、ひとまずはここまでとしよう」これは校長先生にいわせた原作者J・K・ローリングの言葉ではないでしょうか。「死の秘宝」は出版1年後の2008年6月に、世界中で4400万部を売りました。まさに「言葉とは魔法」でしたね。


An all-star cast packs the greatest punch

Here we are‚ the concluding Harry Potter film. The magic comes to a close without shame in this film. As the final chapter‚ for the first time the secrets of the key characters become clear. The tragic love between Harry’s (Daniel Radcliffe) mother Lily and Professor Snape (Alan Rickman) is revealed. However‚ the Minister for the Ministry of Magic is murdered‚ and‚ overrun by Death Eaters‚ Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry faces the danger of destruction. One after the other Harry’s allies lose their lives. Why didn’t Headmaster Dumbledore tell them how to resolve the crisis? Just who is the real master of the Elder Wand that decides who shall rule? For the first time Harry feels distrust toward Dumbledore inside himself.

Finally Hogwarts Castle is surrounded by the army of Death Eaters. Voldemort (Ralph Fiennes) stands at the vanguard and orders an all-out attack. This is the final decisive battle. An all-star cast brings the film to a climax‚ with every character that appeared in the series: the giant spider‚ giants‚ and ghosts. Protecting the school following the death of Dumbledore (Michael Ganbon)‚ Professor McGonagall (Maggie Smith) instructs the students to courageously fight Voldemort’s army. It is a clash of magic‚ and a fight between right and wrong.

Where is the last horcrux that will decide the victor? Harry realises that it is Voldemort’s snake Nagini. A fierce fight to the death between Harry and the great snake plays out. Voldemort’s most trusted Death Eater‚ Bellatrix‚ dies. Losing her‚ Voldemort is now desperate. He uses every possible secret magic in response. Neville (Matthew Lewis)‚ who in the blink of an eye has grown to be a strong school friend‚ takes down Nagini in a single blow. Voldemort‚ however‚ doesn’t die. There must be another horcrux. In the very end‚ the single remaining horcrux is Harry himself. Harry‚ seeing many students collapsed in the rubble of the damaged school decides that he must finish the battle once and for all. Preparing to die‚ he throws down the gauntlet. He must die himself.

Caught in a limbo between life and death‚ Dumbledore appears to him. The suspicions and doubts of Dumbledore and his secret agreement with Snape are revealed‚ and having completed his role‚ leaves Harry with the words: “I like playing with words. Words are an enless source of magic. They have the power to hurt and to heal. For now‚ let’s leave it at that.” These are the words of the author behind the series‚ J.K. Rowling. In June 2008‚ one year after the publication of The Deathly Hallows‚ the book had sold 44 million copies worldwide. That certainly is “the magic of words”.

Pocket
LINEで送る