女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2012年1月27日

ここでしか味わえないうまさを―鉄板焼き・お好み焼き「香月」―

鉄板焼き・お好み焼き「香月」のお好み焼き(ブタ玉)。豚肉は厚くて大きめなのにカリッとしており、生地も油っぽくなくサクサクでふわふわ。女性客のひとりは「お好み焼きはあんまり得意じゃなかったけど、ここのは食べられちゃう」とご満悦

玉造駅徒歩3分。カウンターとテーブル席、2階には和テイストの広間。女子会にも最適

昨年12月26日(月)にオープンした鉄板焼き、お好み焼きの店「香月」。JR大阪環状線・地下鉄長堀鶴見緑地線玉造駅から徒歩3分という立地条件の良さもさることながら、その味と従業員の明るさで、すでにリピーターも多い。
カウンターや厨房で調理を手がけ、常連から「さんぺいちゃん」の愛称で親しまれている森分香元さん(写真)は、30代半ばにして飲食業20年のベテラン。メニューの一品一品はもちろん、ドレッシングに至るまですべて手作り。ソースやマヨネーズもアレンジして使用している。「鉄板焼きやお好み焼きはB級グルメかもしれませんが、味を落とさず『これはここでないと食べられない!』と思って頂けるように作っています」。

「さんぺいちゃん」の愛称で親しまれている森分香元さん。何でも気さくに話せると、女性客からも大人気だ

その言葉通り、お好み焼きは油っぽくなくフワッとした食感で、冷めてからでもうまい絶品。焼きそばもソースの濃厚さを残しつつあっさりした味で、箸が進む。「お昼にはランチセット(お好み焼き、焼きそば、チキン南蛮の3メニューは各750円、日替わりランチは600円)を(提供)しています。夜よりもちょっとお得なので、まずはランチでお試し頂いて、それから夜にも来てください」。夜は一品料理も豊富で、お酒も進みそうだ。

一品料理のひとつ「まるごとトマトとクリームチーズのサラダ、ジェノベーゼソース」。トマトにかけられたドレッシング、皿を彩るソースやチーズも手作り。味もお酒のアテにもいける

店内は1階にカウンターとテーブル席、2階に和テイストの広間がある。カップルや家族連れで楽しんだり、お昼のランチで使うのはもちろん、女子会やママ友同士の飲み会・食事会にも最適。「まだお店はできたばかり。看板やのれんもこれからですが、お気軽に立ち寄ってくださいね」。