女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2012年2月3日

ホテル大阪ベイタワーで恵方巻ロール発売

Pocket
LINEで送る

ホテル大阪ベイタワーの恵方巻ロール(630円)。スポンジケーキはココア味。口当たり良く、生クリームとの相性も良い。遊び心だけでなく、味も◎

2月1日から3日までの期間限定。遊び心満載で「和」を表現

2月3日は節分。それに合わせ、ホテル大阪ベイタワーでは恵方巻を模したロールケーキ「恵方巻ロール」(600円)を期間限定で販売する。

シェフパティシエの後藤高康氏。大阪ヒルトンや新宿・トロワグロで修業後、小笠原伯爵邸でシェフパティシエとして活躍、2008年からホテル大阪ベイタワーに。地産地消の新商品を開発する一方、フランス伝統菓子の研鑚も積んでいる

同ホテルのシェフパティシエで、大阪ラムネを使ったスイーツ「港ぱちぱちラムネ」(販売終了)などでも話題になった後藤高康氏が作製。生クリームをご飯に、4種類のフレッシュフルーツを具材に見立てるなど、遊び心満載の逸品だ。同ホテルのマーケティング室室長の秋田保さんによると「後藤は地産地消にこだわったり、新しいスイーツづくりをするなど、常にチャレンジ精神がある。今回もお客様に『クスッ』と笑って頂けるよう、いかに『らしく』見せるかに、こだわりました。パッケージも和風にし、ガリに見立てたカットフルーツの横にはバランを使用しています。太さや縦横の長さも太巻きとほぼ同じなんですよ」。

ホテル大阪ベイタワー。口コミサイトで「日本一夜景のきれいなホテル」にも選ばれた。51階のスカイラウンジから見る景色は昼も夜も絶景! 恵方巻ロールを購入後、ぜひご利用を

ホテル大阪ベイタワーが恵方巻ロールの販売を行うのは今年が初めて。「(東日本大震災以後)つながりや絆がクローズアップされていますが、大切な方たちと一緒に楽しみながら召し上がって頂ければと思い、作りました。食事の後に家族みんなでワイワイと食べたり、お友達と集まって楽しんで頂けるような、みんなで楽しくつながりを感じられるスイーツです。それに、恵方巻を食べた後、恵方巻ロールも食べれば福も二倍になるかもしれませんよ(笑)」。
笑う門には福来る。楽しみながら大事な人たちとの絆も感じられる恵方巻ロールは、2月1日から3日までの限定販売。「販売個数も1日10個未満の予定ですが、前日までにご予約を頂ければ(通常販売分とは別に)お作りしておきますので、ぜひお電話ください」。

Pocket
LINEで送る