女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年2月13日

KAIの異文化交流日記 Vol.24

Pocket
LINEで送る

Television

A big difference between Japanese and Australian television is the type of programs that are shown. Japanese television mostly broadcasts locally-produced programs. In Australia‚ many programs are imported from the United States and Britain. Also‚ perhaps because Australia is multicultural‚ there are news programs and documentaries in foreign languages like French‚ German‚ Spanish‚ Malay‚ Chinese‚ Japanese‚ Hindi‚ etc.

When I first watched Japanese television I was surprised at the use of subtitles. Most programs in Japan‚ including the news‚ are subtitled. For people studying Japanese like me‚ it is very convenient and useful. These subtitles are often colourful and big‚ so they are enjoyable to read.

Variety shows are the most popular in Japan. They are broadcast during “Golden Time” (around 7pm). In Australia‚ investigative news‚ drama and reality-television programs are shown during this time. However‚ if the ratings are bad‚ shows are quickly cancelled or moved to a different timeslot.

「テレビ」

オーストラリアと日本のテレビには、放送される番組の種類に大きな違いがあります。日本のテレビはほとんどが国内で製作されています。オーストラリアではたくさんの番組が、アメリカとイギリスから輸入されます。オーストラリアにはいろんな国の人たちがいるから、ニュース番組やドキュメンタリー番組は、フランス、ドイツ、スペイン、マレーシア、中国、日本語など、各語で放送されるのです。

僕が初めて日本のテレビを見たとき、字幕の使い方にびっくりしました。日本におけるほとんどの番組は、ニュースも含めて、字幕がついています。僕のように、日本語を勉強する人々にとっては、それはとても便利で役に立ちます。これらの字幕は、しばしばカラフルで大きく読みやすく出来ています。

バラエティ番組は日本でとても人気があると思います。それらはゴールデンタイム(だいたい午後7時)を通じて放送されます。その時間帯のオーストラリアは、特報ニュース、ドラマ、素人参加番組の放送です。しかし、もし視聴率が悪ければ、速やかにキャンセルされるか、ちがう時間帯(たとえば午前2時とか、つまり見てくれる人が少ない時間)に変えられるのです。