女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年2月15日

「カーネーション」の舞台、岸和田に行こう!

Pocket
LINEで送る

カーネーション
岸和田市

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」も佳境。復元したセットや衣裳、小道具を観て、ロケ地探訪も楽しめる

 昨年9月からNHKで放映されている朝の連続テレビ小説「カーネーション」。放送期間が残り約1カ月半となり、人気も絶好調。ドラマの舞台になっている岸和田市には多くの観光客が訪れている。
 岸和田市観光振興協会の武田吉清さんによると「(同協会が運営する)岸和田だんじり会館にも多い日にはおよそ950人のお客様がいらっしゃいました」。

 放送開始時からじわじわと増え始め、同ドラマの視聴率が上がってきた昨年12月あたりから、より多くの観光客が訪れるようになっている。岸和田市観光課の観光振興担当長で、岸和田カーネーション推進協議会の担当者でもある主査・大倉英樹さんも「岸和田駅前の商店街でも、大阪府外から初めて岸和田に来られた観光客で賑わっております」。
 同ドラマ放送に合わせて作製した「コシノファミリーゆかり地マップ」も、多くの観光客が手にしており「現在、第4版まで発行しています。今までで5万部以上印刷しました」(武田さん)。

 では、これからドラマ終盤に向けて、岸和田観光として楽しめる場所はどこなのか。「(「カーネーション」関連では)岸和田だんじり会館の1階ギャラリーで『カーネーション番組展』を開催中です。ドラマに登場した小原呉服店の2階部分のセットを復元し、中に入って記念写真を撮って頂けます。糸子(小野真千子さん)のほぼ等身大のパネルもあり、記念撮影される方も多いですね。また、岸和田駅前商店街にあるNHKギャラリー『カーネーション』では、衣裳などの展示物が放映内容に合わせて(一定期間毎に)入れ替えられています」。同じく商店街にある岸和田カーネーション推進協議会のアンテナショップ「和撫子(カーネーション)」も、ドラマ関連のグッズや岸和田の特産品などが購入できる。家族や友だち、自身の思い出にお土産を買うなら、最適なお店だ。
 「1月28日にロケを行った商店街『かじやまち』は、これから放送されるシーンに登場します。放送前にロケ地を見るのも、面白いかもしれませんよ」(大倉さん)。
 岸和田市は元々、だんじり祭りや岸和田城といった見どころの多い街。「カーネーション」をきっかけに、岸和田ファンがより一層、増えそうだ。

Pocket
LINEで送る