女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年2月17日

自然観察教室 大阪城で観梅とバードウオッチング

Pocket
LINEで送る

ウーマンライフ講習会
2月14日 大阪城公園

例年より遅い梅ながら、春の訪れが感じられた観察会

 2月14日、ウーマンライフ講座「谷先生の自然観察教室」では、大阪城のバードウオッチングに出掛けました。当日はあいにく、終日冷たい雨。例年なら西の丸庭園の梅もほころぶ時期ですが、今年は低温で梅の開花も大幅に遅れている様子。早咲きの梅がまばらに咲いていただけで、大半のつぼみはまだ固いままでした。

 お掘では、キンクロハジロやヒドリガモ、ホシハジロやカルガモを観察することができました。餌付けをされているのか、人の姿を見ると、近寄ってきます。愛らしい姿を真近で観察できてよいのですが、そのぶんちょっと野性味には欠けるかも知れません。

 天守閣近くの池には、大阪城名物のカワセミがいて、時間を計ったように現れます。雨のなかではありましたが灯篭の屋根に止まっているのをゆっくりと観察できで、一同満足でした。
 天気がよいと、周辺の森でさまざまな野鳥も観察できるのですが、今回は断念しました。ほかには、セキレイやユリカモメも見ることができました。

 冬の大阪城公園は、ケヤキや銀杏などの常緑樹もすっかり葉を落として、広々とした感じ。それでも桜などは冬芽を出して、春のおとづれ準備をしているのがわかります。ボランティアガイドの方に、豊臣と徳川時代の大阪城の遺構の違いや天守閣の歴史などを説明していただき、都会のオアシス・大阪城を満喫することができました。

 毎回大好評の自然観察教室、春の開講は3月13日から。桜の笠置や夏の洞川に観察会に出掛けます。(受講生募集中)

Pocket
LINEで送る