女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2012年3月23日

奈良初のプロ野球チーム、誕生!  ―大和侍レッズ(2)―

Pocket
LINEで送る

大和侍レッズ

奈良出身選手や実力派イケメン選手も。1年目からの飛躍を期す

 選手たちの中には、もちろん奈良出身者の姿がある。投手の飯田祥多選手(25歳)は「奈良出身なので奈良のチームで地元を盛り上げたいですね」。ガッシリした体格から重く、力強い直球が飯田投手の武器だ。「気持ちを込めて熱いプレーをしていきます。選手だけではなくファンの方や地元・奈良からの声援があってこそのチームなので、ぜひ球場へいらしてください」。

 同じく奈良出身で外野手の美濃一平選手(22歳)は「元々、三重にあった独立リーグのチームに所属していましたが、(入団した時から)奈良にチームがあったら奈良でやりたかった」と語る。大和侍レッズでは少ないパワーヒッターで「(豪快な)バッティングとライトからの送球が自分の売り。チャンスのときにランナーを返す勝負強いバッティングをしていきたい」と意気込んでいる。
他の選手も闘志を燃やしている。鹿児島出身の投手・中山辰司選手(25歳)は145キロを越すストレートが魅力だ。「(自分のセールスポイントは)豪快なストレート。立ち上がったばかりのチームなので、(地元の人に)足を運んでもらえるチームになる試合をしたいですね!」。

 内野手でサードを守る服部大選手(23歳)はシュアなバッティングと走力が魅力だ。「足には自信があります。1つでも先の塁を狙っていきます。あと、小技をきかせたバッティングでチームに貢献したいです」。
 各選手とも、異口同音に「ファンの方々に楽しんでもらえる、感動できる試合をしていきたい」と熱い気持ちがみなぎっている。また、将来は当然、もうワンステップ上を目指している。「プロ(NPB)に入って1軍で活躍できる選手として、長く野球を続けたいです」(美濃選手)。

 なお、すでにオープン戦は始まっているが「現在、NPO法人の申請中で夏くらいまでには認可される予定です。また、スポンサーも募集中なので、地元の皆様、応援よろしくお願いいたします」(広報・野田さん)。

 野球をやりたい。夢を叶えたい。若い大和の侍たちに、熱いエールを!


(了)




前の記事

奈良初のプロ野球チーム、誕生!(1)
Pocket
LINEで送る