女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2011年8月1日

患者さんの気持ちを大事にしたい 

梶 昇吾さん
大阪梅田中央クリニック院長

カウンセリング重視のイケメンドクター  大阪梅田中央クリニック・梶昇吾院長に聞く

「私自身、痛いのが嫌いなんですよ」。照れ笑いを浮かべながらそう仰るのは、大阪梅田中央クリニック・梶昇吾院長。「だからこそ、患者さんの不安を取り除きたい。カウンセリングには重点をおいてますね」。男性記者の目から見ても笑顔が優しい「イケメン」。不安や疑問など、気軽に相談できそうな雰囲気だ。
「カウンセリングで患者さんが望んでいることや、その方の状況を伺ってから(施術方針を)判断しています」。『どこをどうしたい』だけではない。家庭環境や年齢・職業なども考慮して、その人にあった施術を提案している。また、「痛みやリスク、施術後の変化なども過去の症例を参考に包み隠さず、できる限り正確にお伝えしています」。実にきめ細やかな対応。カウンセリングに加えて多くの症例による経験も豊か。できない施術はないと思えるほど安心感を与えてくれる。
昭和45年生まれ。三重大学医学部卒業後、比較的早い段階で美容外科業界に入った。当時はプチ整形などは少なく、本格的な手術が多かった。そういった環境で培ってきた技術は「22院ある系列クリニックの中でも3指に入ります」と同院事務長が太鼓判を押すほどだ。
高い技術力に裏打ちされたカウンセリングと施術。患者さんを思い、きめ細やかな対応を徹底する姿勢は、今日も多くの患者さんから信頼を得ている。