女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年4月11日

里山を復活させ、東大阪に恵みと憩いを  ―かぐやの里(1)―

Pocket
LINEで送る

東大阪市上石切町
かぐやの里

ボランティア開始から4年。作業が楽しくて早い

 多くの地域で里山の再生・保全活動が行われているが、東大阪市上石切町2丁目の里山では「里山保全活動 かぐやの里」が、平成20年3月から2000坪以上の広大な里山をフィールドにして活動している。代表の山西眞澄さんと事業・会計監査を勤める栗崎田津子さんに話を聞いた。

 「50年以上放置された里山は孟宗竹に浸食され、他の樹木はもちろん、竹自身も立ち枯れている状態。中に入れば鬱蒼としていて怖いくらいでした」。

 棚田は石垣が崩壊し、孟宗竹や雑木が生え放題。しかも、南に傾斜した谷間へ向かって好き放題に伸びていたため、決して真っ直ぐではなく、切り倒すだけでも一苦労な状態だった。

 「東大阪市が開講している『森林ボランティア入門講座』の出身者で立ち上げましたが、私たちがフィールドワークで学んだのは人工林での作業。真っ直ぐに伸びた木を切るなどの作業は習いましたが、里山での作業は素人です」。しかし、里山をなんとかしたい。その思いが38名の参加者たちを動かした。活動日以外でも山に入り、年間参加人数は山西さんが把握しているだけでものべ600~800人。「山も、棚田だった場所も一斉に作業していきました」。山では立ち枯れていたり発育状況の悪い木々や竹を切り、光が地面まで届くようにした上で、植林を開始。「竹の撲滅方法は、地表より1mの所で伐り、放置しておきます。ある時期が来ると虫歯が抜けるようにポロッと取れて、根迄枯らす事が出来ると本で知りました。現在も、その方法で作業を進めています。山に関しては保全活動と言うよりも再生の道半ばと言ったところですね」。



この記事の続き

里山を復活させ、東大阪に恵みと憩いを(2)

Pocket
LINEで送る