女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年4月12日

四条小学校が甦る!来ぶらり四条、オープン!(2)

Pocket
LINEで送る

来ぶらり四条
旧市立四条小学校

郷土の歴史が学べる市立歴史民俗資料館、夜間も利用可能な体育館・グラウンドも魅力

 施設内には歴史民俗資料館も併設している。寝屋川が流れる大東市は古代から水との関わりが深い。そこで「水」をテーマに、旧石器時代から現代までの歴史をわかりやすく紹介している。「展示物のほとんどが発掘された実物です。大東市の土壌は水分が多いので、木製品などが崩れることなく良い状態で発掘されている出土品が多く、他の地域では発掘されていないようなものも少なくありません」。高床式倉庫の戸口装置と考えられ、戸口構造を復元できる国内最古の実物資料である北新町遺跡から出土した戸口装置など、他ではなかなかお目にかかれない実物展示品の数々が並んでいる。

 「6月30日までは特別展として『堂山古墳群のひみつ』を開催し、40年前に発掘された出土品を展示・紹介しています」。5世紀ごろに造られたと考えられる堂山一号墳から出土した甲冑や刀、土器などは教科書にも登場するほど貴重な歴史的資料。それらは大阪府教育委員会所蔵のため、発掘直後から現在に至るまで大東市民でも目にする機会がほとんどなかった。「今回、初めてご覧になる方が大半だと思います。大東の歴史の知り、郷土の凄さを実感頂いていますし、40年前を思い起こして当時の話で盛り上がる見学者の方もいらっしゃいます」。

 このほか、体育館やグラウンドも大人が使える練習場としてリニューアル。体育館は大人用にバスケットゴールを付け替え、更衣室を設置。グラウンドも防球ネットを設置し、ナイター設備を導入した。「体育館もグラウンドも小学校の施設を転用していますので、公式試合を行うには難しいと思いますが、仕事帰りなどに練習するには十分な施設となっています。ぜひ、多くの方に申し込んで頂き、利用頂きたいですね」。


 文化、歴史、そしてスポーツ。大人から子どもまで、個人からファミリー、仲間同士で楽しめる「来ぶらり四条」。ぜひ一度、利用してみてはいかがだろうか。

(了)


前の記事

四条小学校が甦る!来ぶらり四条、オープン!(1)
Pocket
LINEで送る