女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2012年4月13日

夫婦が営む落ち着いた店 「手打ち蕎麦 玄鹿(げんろく)」

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る

甲賀市土山町
手打ち蕎麦「玄鹿」

美味しい蕎麦がゆったりと味わえる空間「玄鹿」。遠方からのリピーターも多いのだとか

多彩な蕎麦の味わいを、あいの土山で発見!

のどかな茶畑が広がる甲賀、土山。店主の金山さんが自宅の隣を改築した店舗「玄鹿」は、「美味しい蕎麦がゆったりと味わえる空間」をイメージ。庭を眺める落ち着いた座敷に、まるで田舎の親戚の家に遊びに来たような安らぎを感じます。
ご夫婦で営まれる「玄鹿」は蕎麦の味わいはもちろん、細やかな心遣いで、遠方からのリピーターも多いそう。その一つが席に着くとすぐに提供される、香ばしい「揚げ蕎麦」と「韃靼そば茶」。蕎麦を食べるまでの待ち時間を少しでも楽しめるよう、考えられたサービスだそうです。

もう一つのサービスが「水蕎麦」。同店の冷たい蕎麦は、喉ごしと風味の良さを味わう「吟醸」か、歯応えと蕎麦の香りを楽しむ「田舎」、いずれかを選択します。その際、オーダーした蕎麦を実際にいただく前に「水蕎麦」でその味を確認し、種類を変更することもできます。

記者は、モチモチとした食感が魅力の「田舎」で、人気メニュー「そば膳(1500円)」をいただきました。ざる蕎麦、天ぷらの盛り合わせ、かやくご飯、そば湯と、もりだくさんの内容。蕎麦だけでなく、旬の素材を加えたサクサク天ぷらや、まろやかなそば湯の美味しさに大満足!

多彩な蕎麦の味を発見できる「玄鹿」。麺が売り切れ次第、閉店してしまうので、予約して伺うのが確実です。

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る