女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年4月16日

日本代表を狙いつつ、みんなで楽しみたい  ―梅花女子大学キンボール部“MARBLE☆STAR”(2)―

Pocket
LINEで送る

茨木市宿久庄
梅花女子大学 キンボール部

大学外部のチームとも練習。より高みを目指す

 “MARBLE☆STAR“では、学内での練習に留まらず学外の人たちとも練習を行っている。「現在、部員は7人いますが、(外部との練習は)学内での練習だけでは得られない技術や戦術、試合運びなどを学べ、勉強になります。それに、いろんな方と交流ができて、皆さんと仲良くなれる、友達になれるのもいいですね」。また、部員だけでは人数的にゲームを行いにくい。同部に限らず、キンボールスポーツのチームはまだ少人数なところが多く、そういった意味でも外部との交流は有効だ。


 「キンボールスポーツには国際大会(隔年開催)もあります。日本代表は優勝こそないものの、銀メダルは何度も獲得しています。その代表に選ばれるためには、ジャパンオープンで優勝する必要があります。大学のクラブとして出場するからには、やはり優勝が目標です」(前山教授)「先輩たちと一緒にチームを引き上げて、優勝したいです!」(2年生部員)「新年度になりましたし、新たな部員も増やして、優勝目指して頑張りたいです! あと、卒業してもキンボールスポーツを続けて、生涯楽しみたいですね」(水田さん)

 若く明るい笑い声を体育館に響かせながら、技術に磨きをかけている梅花女子大学キンボール部。世界の舞台に立つ日も、近いかもしれない。

 「楽しくて入部しましたが、やり始めたら『もっとうまくなりたい』という思いも強くなりました。もっともっとうまくなりたいと思いますし、キンボールスポーツと出会えてよかったです!」(水田さん)。

Pocket
LINEで送る