女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年4月19日

給食残渣を堆肥に。市民から評判  ―摂津市ストックヤード(1)―

Pocket
LINEで送る

摂津市鳥飼八町
摂津市ストックヤード

市のイベントでは1000本が1時間足らずで無くなる人気ぶり。チップや腐葉土も

 摂津市では、学校から排出される給食残渣(ざんさ)を堆肥にする事業が行われている。担当の摂津市ストックヤード・吉田さんと、堆肥作りの作業を行っている二宮さんに話を聞いた。「10年ほど前から、市民の皆さんにごみの分別徹底を行って頂くなど、ごみの減量を本格化しました。市も公共施設から排出されるごみを減らすため、この事業を始めました」。当時、市内に2基ある焼却炉がギリギリまで稼働していた。新たな炉を作るには莫大な費用がかかる。また、焼却ごみの減量は環境負荷軽減にもつながる。そこで、給食残渣を堆肥にしようと考えたのだ。

 「昨年度の残渣は計26660kg、1日平均224 kgになります。食べ残しはもちろん、調理の際に出る野菜の皮やヘタなども少なくありませんし、生ごみは水分も多く含みますから、これだけの重さになります」。では、そのうちどれだけの量を堆肥にできたのか。
 「すべてです。排出された残渣は全部、堆肥にしています」。その堆肥も、余すところなく使用。堆肥を容量2のペットボトルに入れ、ストックヤードと摂津市生活環境部・環境センターで毎月合計400本、1人2本を上限に市民に配布し、市の施設でも使用。ストックヤードに持ち込まれる樹木剪定枝葉などと混ぜ、腐葉土にもしている。(2へ続く


この記事の続き

給食残渣を堆肥に。市民から評判―摂津市ストックヤード(2)―

Pocket
LINEで送る