女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年4月20日

ハンドメイド作家たちによる展示販売で被災地支援を ―cotton linen・山地広美さん(2)―

Pocket
LINEで送る

楽しく無理なく支援を続けたい。次回は4月23、24日(月・日)、イオン東岸和田店にて

 「全体の売り上げから義捐金を送っているのではなく、義捐金コーナーを作り、それぞれ作家さんから作品を提供してもらっています。また、当日参加できず、委託で作品を販売する作家さんには、委託料の一部を義捐金として頂いています」。ハンドメイド作品は当然、作家が値段を決められる。ある程度、安値に設定できるものを作家が選び、義捐金コーナーで販売する。全体の売上から強制的に義捐金を集金するのではなく、作家たちも無理なく参加できるシステム。継続的にイベントが続いている理由のひとつだろう。

 「次回は4月23、24日(月・日)、イオン東岸和田店1階セントラルコートで開催します。また、今までは駐車場確保などの理由から(同店のような)大きな会場で開催してきましたが、今年から南海沿線の駅で試験的に展示販売の催しも行っています。今後はそちらでも義捐金(を集める)活動ができたらと考えています」。
 来客者も作家も楽しめるイベントを広め、それで義捐金が集まれば。山地さんはこれからも、多くの人に小物の良さと義捐金活動を無理なく広めたいと考えている。

 「年代問わず楽しんで頂けますし、アンケートにお答え頂ければ抽選で10名の方に、作家さんの作品(小物)を郵送でプレゼント致します。詳しい日程はブログ(下記参照)でもご案内していますので、ぜひ一度、いらしてみてください」。

Pocket
LINEで送る