女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年5月8日

豊かな心を育む―高槻市 いのちキラキラ食栽プロジェクト(2)―

Pocket
LINEで送る

高槻市桃園町
高槻市 子ども未来部 保育幼稚園総務課 いのちキラキラ食栽プロジェクト

「夏野菜は苗から、冬野菜は種から育てます。冬野菜は例年、ブロッコリーですが、今年はまだ検討中です」

一緒に育てた野菜を食べて、絆深まる

子供たちはもちろん、親でも植物を育てた経験がない人もいる。「栽培が初めての親御さんで『こうやって作るんやぁ!』と仰る方もいらっしゃいました。また、子どもがこういった(植物が育つ)ことで喜んでくれるんだと、一緒に喜びを感じている方もいました」。
子供たちも「こんなにたくさんできたっ!」と喜ぶ子もいれば、なかなか成長しない野菜を心配しつつも「これは自分のだから!」と愛着と責任感が芽生え、最後まで育てる子もいる。「それに、野菜嫌いな子でも『自分で作ったから特別な味!』とおいしそうに食べる子もいるんです」。収穫した野菜をお弁当に入れる保護者もおり、ちょっと自慢げに食べる子もいるそうだ。

「野菜の花の観察などを通じて学習も行いますし、園によっては栽培に詳しい方からアドバイスを頂くなど、地域とのつながりも生まれています」。今後は地域とのつながりをもっと広め、小学校との連携も検討していきたいと考えている。
「小学校では生徒ひとりで作りますから、残念ながら枯らしてしまう子もいるようですが、『これは水が足りてないよ!』と先生にアドバイスする子もいるそうで、そういった話を聞くとうれしくなりますね」。
親も子も成長し、絆を深める。一緒に育てた野菜を食べ、親子が笑顔になる。高槻には、たくさんの笑顔が実っている。

Pocket
LINEで送る