女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月10日

ウーマンライフ 2012母の日エッセイコンテスト 全応募作品を公開!(1)

Pocket
LINEで送る

2012年5月13日 母の日
ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト

 ウーマンライフ母の日エッセイコンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
 11歳から80代までの読者の皆様から寄せられた、全作品を公開致します。
(受賞作品以外は順不同・敬称略)

三瓶 政子
奈良県生駒郡三郷町

一. 紫蘇もんで此掌幾年この色を
一. 針仕事午後の静けさ梅雨きざす
一. アイロン掛け外は青葉の雨流す
 昭和六十三年母が合同句会で詠んだ中の三句を拾い出してみた。職業婦人のはしり明治生まれの母は女学校を出ると、一生の仕事として助産婦を志し、国家試験に合格するや広島呉市の病院に就職。そこで仕事仲間と“あけぼの会”という古典文学、俳句を中心とした文学活動をしていた。けれども私が知り得る母は朝から晩まで炊事、洗濯、掃除、夜遅く迄の繕物、五人の兄弟達の学校行事等、一日中家事労働の明暮の姿である。折角仕事一筋でやってきた人なのに・・・と思う時、この遺した俳句三句だけでも伺い知ることができた。私達子供の為に仕事を断念し、生きぬいた母の姿が偲ばれる。ありがとう!お母さん。
 私もお母さんに贈ります。想い出の句を
“叱る都度世に出て恥をかかぬよう母の口ぐせ今しみじみと”




斉藤 由美
大阪府藤井寺市藤ヶ丘

 私が「離婚」した時だった。
 「離婚」という失敗の「ミス」を独身という「ミス」で私を評価し、励ましてくれた。
 そして当時、中三&高三の受験生である多感な年頃の二人の子供を連れて帰って来た時、『一人くらしから、又、家族増えて、これから、にぎやかになるわ―』
 大歓迎してくれたこと。
 二人の子ども、母にとっては孫の育児?と家事を全~ぶ、ひきうけてくれて…。
 今日も、私が元気で職場で働けているのは母がいたからだ。母のおかげ…。
 今、母は82才、現役での家事大忙し。
 とても痩せていて肋骨が浮きでて…。
 ひな祭り、小さき母の背にそっと触れてみた。
 老いてなお叱ってくれる母いることを嬉しく思う。
「ありがとう!」、「何に」にではなく今までの全てに対して言わせてほしい…。




中井 純子
大阪府泉南郡熊取町

お母さんへ
もうすぐ母の日ですね。今まで一度も花のプレゼントをしたことがない私。今年はウーマンライフさんの広告に 私のメッセージがのって それを母に読んでもらいたいと思い ペンをとりました。私はお母さんに かんしゃしています 
今73才ですが 毎日元気にかいもの そうじ といった家事をはじめ 畑しごともして 月一回 私の通院先の病院に来てくれています。いつも帰り 私の好きな カレーパンやメロンパンをかってくれます
お母さんというより 友達みたいなお母さんで 服もペアーのものを着たり 本当仲よしです。
私がつらい時 そっと 心のこもった言葉をかけてくれたり 又 きびしい言葉も言いますが それは全部 私に対する愛情です。こうして かんしゃの気持ちはいっぱいで 書ききれないので 短かく伝えたい お母さん ありがとう
純子より

ははのひに かんしゃのきもち つたえたい




ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ


ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

Pocket
LINEで送る