女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月10日

ウーマンライフ 2012母の日エッセイコンテスト 全応募作品を公開!(2)

Pocket
LINEで送る

2012年5月13日 母の日
ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト

 ウーマンライフ母の日エッセイコンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
 11歳から80代までの読者の皆様から寄せられた、全作品を公開致します。
(受賞作品以外は順不同・敬称略)

荒川 節子
奈良県奈良市七条

 私は退職してから度々母を訪ねた。
「どうしたんや、元気ないな。足痛むんか。」
「あのな、土田はん亡くならはってんわ。きのうやはらぎ荘で会っただけやで。朝、ふとんの中で死んだはってんと。」母の言葉はまだまだ続いた。母は友の死を悲しむ以上に、苦しまないで亡くなった友の死を羨んでいるようだ。でも、ある時は「あしたやはらぎ荘に行く日やけど、何着て行こうかな。みんなおしゃれして来はるで。」と、うれしそうに言う。一見、穏やかそうでも、九十歳を過ぎた母の心中は、日々揺れていたのだろう。それでも母は九十八歳まで気丈に生きてくれた。
 母が亡くなってからも、母と交わしたとりとめのない会話が、何かのときに、ふとよみがえることがある。そんなとき、私は母との会話を懐かしみながら、母が生きている時に、多くは言えなかった「ありがとう」の言葉でしめくくる。




橋田 美香
大阪府東大阪市横沼町

 私は子であり母であり、再び子であり母である。世代の間を軽々と行き来する。
 私の子の現の命はたった九週だったけれど次元を超えて生きている。名前は『ふう』。その幼き汚れ無き瞳はいつも見つめている。
 私は先天性の心臓病。母は五つ子を育てる位の力を尽くしてくれた。今は喜寿を生きてくれている。照る日も降る日も曇る日も、辛いことほど笑いとばして、長き道程を歩きたい。母と子の役割を時に取り替えながら持ちつ持たれつギブアンドテイクで、揚句すったもんだの毎日を楽しんで続けたいと思う。
 子どもは見つめる。花草、虫石、鳥魚、人の目を。その瞳をずっと輝かせていて欲しい。その瞳に優しさと強さを宿らせて欲しい。幼い頃の嬉しい思い出は生きる力になる。だから路上で遊ぶ子に声を掛けよう。寄り添いたい励ましたい願いを込めて、母の如く微笑もう。街の子の瞳はみんな『ふう』の瞳。
 いつか私は子どもになる。





横山 眞理子
奈良県大和高田市市場橘町

天国のお母さんへ
天国のあなたにうれしい報告があります。
3年前に結婚した娘に、今年2月待望の初孫男児が生まれ、62才でやっと
おばあちゃんになれました。孫がこんなにもいとおしくかわいいものだと
実感しました。でも6年半のパート仕事で痛めた腰と手にはかなりこたえました。
思えばあなたは18歳で初産し、次々と4人の子を産み5人の母に。私が23歳で
初産だったので、45歳の若さでおばあちゃんになりましたね。三人の子は、あなたの手助けのお陰で元気に育ち、本当に感謝しています。あなたが母として愛情をいっぱい
注いでくれたように、頼りない私なりに娘にも孫にも出来るだけの手助けをしたいと考え、実行しています。
23年前61歳で病で亡くなったあなたの姿は、目の前にはありませんが、あなたの深い愛や他者への思いやり、前向きな考え方は、私の人生のお手本です。
いつも太陽のように明るく優しかったお母さん、私も三人の子にとって、あなたのような母に近づけるよう努力します。これからも見守ってくださいね。




ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ


ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

Pocket
LINEで送る