女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月10日

ウーマンライフ 2012母の日エッセイコンテスト 全応募作品を公開!(9)

Pocket
LINEで送る

2012年5月13日 母の日
ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト

 ウーマンライフ母の日エッセイコンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
 11歳から80代までの読者の皆様から寄せられた、全作品を公開致します。
(受賞作品以外は順不同・敬称略)

花井 みさと
三重県伊賀市

 ただいま 子育て真っ最中ですが、そんな私は二人の母へ ありがとう。
 私の母は、父と結婚し、一年後私が生まれ、その後妹が産まれそのままお産した病院で帰らぬ人となりました。姉妹は、祖母に育てられました。ただでさえ忙しい農家なのに、祖母は田んぼや家事、畑をしながら必死で私達を育ててくれました。私は、母を亡くしてもおかあさん、おかあさんとお葬式の後も母を探したそうです。そんな時、私の声に返事してくれたのが、祖母でした。いつの間にか私達姉妹は、祖母のことをおかあさんと呼んでいました。そして仏間の写真をママと呼んでいました。母の日に似顔絵コンクールで入選した時、誰よりも祖母が一番喜んでくれました。そしてその絵は仏間に飾りました。そして私達姉妹を生んでくれた母にも、ありがとう。母が産んでくれたおかげで、私達姉妹は今こうやって家族を持つことができたのは、二人のおかあさんのおかげです。ありがとう




春増 泰子
奈良県奈良市山陵町

 全く母は大病もちである。二度のがん手術に加え、現在はリウマチと穏やかに闘っている。体中あちこち縫った痕があるので「ぼろぼろのぬいぐるみのようだ。」と自虐的に言う。がんやリウマチは免疫、たんぱく質異常に関係があるとかないとか、難しいことはわからないが、大酒飲みの父と3人の子供とずいぶん気苦労が多く、ストレスの塊だったと思う。「そりゃ、病気にもなるわな。」今は電話口で、ストレス発散の会話は弾む。
 ある日、私が新聞を読んでいたら、小学生の娘が「ママ、白髪あるでー。」というので、抜いてもらっていた。ふと同じシーンが蘇った。在りし日の母と私だ。太く硬い髪質は、今もそっくりだ。けれども、母のそれは髪染で隠しても、今は真っ白だろう。
 もうすぐ母の日。これからも、病気に打ち克ってもらうためにも、母には笑顔でいてほしい。母の喜ぶ顔を思い浮かべながら、何か美味しいもの、楽しいものをないかと私は町を歩いている。




森本 久代
奈良県大和郡山市

私には3人の母がいた。
私を生んだ母は、父と離婚して3歳の私を置いて家を出た。
その後新しい母に育てられた。
よく面倒をみてくれたが、何故か甘えることは出来なかった。
小学2年生の時、病気で学校を休んだ。
母は縁側で缶詰の白桃を食べさせてくれた。
丁度、雨上がりで7色の美しい虹を母の腕の中で見た。
嬉しかった。暖かかった!
昭和47年、主人の母が交通事故である日、突然、亡くなった。
57歳だった。姑の死により「今日」という日の大切さを改めて教えられた。
それまでかたくなに生母と会うことを拒み続けてきたが、
姑の急死により昭和48年5月5日山陰で主人と子供2人と共に生母に会った。
私30歳の時だった。
三人三様のお母さん。みんな亡くなってしまったけれど
私の心の中で鮮明に生き続けています。
ありがとう!!




ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

 


ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

Pocket
LINEで送る