女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月10日

ウーマンライフ 2012母の日エッセイコンテスト 全応募作品を公開!(11)

Pocket
LINEで送る

2012年5月13日 母の日
ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト

 ウーマンライフ母の日エッセイコンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
 11歳から80代までの読者の皆様から寄せられた、全作品を公開致します。
(受賞作品以外は順不同・敬称略)

森脇 安芸子
奈良県橿原市白橿町

お母さん、ありがとう
 私の母は、いつも明るく元気。私が実家を離れて一人暮らしをしていた時も、たくさん迷惑をかけてしまいました。去年の夏に私は、体調を崩し実家に帰ってきました。引っ越しをしないといけないため、母は急遽埼玉まで来てくれました。バス停のベンチで座って待っている母の背中を見た時は、なぜだかさみしく思ってしまいました。そんな母も去年定年を迎えました。私が守らなくてはという気持ちにかられたのです。仕事も遊びも負けず嫌いな母。あまり弱音を吐かない母。
 一人っ子で育ってきた私を、優しく時には叱り、つらい時も涙する時も私の味方でいてくれました。本当に感謝しています。今母は介護の仕事を始めました。身体無理せず、いきいきと母らしく笑顔を絶やさずにいてほしい。時にはケンカもするけど、私達は仲良し。
 また、山に登ろうね。いつも、ありがとう




尾山 有美枝
三重県名張市さつき台

 四月八日の花まつりに、十年以上前に亡くなった母を偲ぶ思い出があります。
母が元気な頃に“明日、お寺で甘茶を炊いてるから、おさい銭持って貰いにおいで”と言う電話があって出かけたのです。
昔からお寺では観音講の方達が朝早くから家で咲かせた花を持ちより、甘茶を炊いてくれています。
色とりどりの花で飾られた花御堂に手を合せ甘茶供養を致します。
“ようお参り、一杯どうぞ”と出された甘茶は、ほのかな香りとほろ甘いなつかしい味がします。毎年この日に私は母への感謝の思いを新に致します。




村上 育代
奈良県大和高田市出

あんなに素敵に生きてきた母が……
受け入れる事の出来ない戸惑いと、
受け入れなければいけない責任の交差点をどう、渡れば良いのかと、
日々、思いあぐねては、思いでの中に逃げ込んでいく。

回想の旅の始まりの中で、
そう、旅に出掛けることにしました。
足が重く、車イス移動の母を連れて、時間の許す限りの旅をすることにしました。
車の助手席に座って、『楽しいな』とつぶやく母は、私の思いあぐねる母ではないけど、
この母も、又、素適だな~

その微笑みの裏に、自分の老いに、どう、立ち向かっているのか…
いや、何も考えずただ、その時間を本当に楽しいとつぶやいているのだろうか…
どちらにしても、こうした時間を過ごせる私自身が、とても幸せだと感じてやまない。

お母さん、ありがとう
今年も来年も、又、ありがとうの言葉をかけさせてね。



ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

 


ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ  次へ

Pocket
LINEで送る