女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月10日

ウーマンライフ 2012母の日エッセイコンテスト 全応募作品を公開!(12)

Pocket
LINEで送る

2012年5月13日 母の日
ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト

 ウーマンライフ母の日エッセイコンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
 11歳から80代までの読者の皆様から寄せられた、全作品を公開致します。
(受賞作品以外は順不同・敬称略)

本山 芳美
奈良県吉野郡大淀町

お母さん。お元気ですか?お母さん、近所の人に迷惑かけてない?お母さん。今も、テレビが友達なの?一人で淋しいでしょう。私の母は高知の田舎で一人でひっそり暮らしています。兄が「奈良へ来るか?」って聞いても、「いやだ、故郷を離れたくない」と、今も頑張ってくれてるね。はっきり云って娘の私には、どちらが母のためにいいのか、答えは出せません。私も3人の子の親、7人の孫に恵まれ、ことわざがあるように、子を持って知る親の恩。まったくその通りです。
何一つ親孝行もしてやれないけれど、ごめんなさい。以前に、「一人で住むと決めたんやから、淋しいとか弱音を吐くな」ときつく云った時もあったけどもうぜったい云いません。たとえ寝たきりになってもいい、どんな姿になってもいいから一日でも多く生きていて。お母さん。
 還暦 古希 喜寿 傘寿の山坂を越えて今年めでたく米寿の御祝いにこの言葉を贈ります。
 お母さん。ありがとう ありがとう

還暦を迎えた娘より





マロン(ペンネーム)
奈良県磯城郡川西町

遠くの母へ
 結婚相手は、車で一時間圏内に探すこと。いつも冗談半分にそう言っていた母の、実は切実なる願いだった。とわかったのは、学生時代を過ごした地で出会った彼を紹介した時でした。一年以上に渡る戦いを経て、高速を使い三時間はかかる他県へと嫁いでしまった私。
 敢えて地元に留ろうとも離れようとも思ってはおらず、縁あってとしか言いようがありませんでした。
 兄と妹は着実に近くの人と結婚し、実家にちょこちょこ顔を出しています。周りの親戚との交流もとぎれません。今になって、意味を理解するに至る母の言葉も多々あります。我を通した結果が、正しかったのかどうか、思い悩むこともあります。
 でも、あの時はああするしかできなかったので、仕方ないと思います。とにかく、今後後悔のないよう、今を大切に暮らしていくつもりです。ごめんね、いつもありがとう。

隣の母へ
 結婚して早9年。3人の子宝に恵まれ、てんやわんやの毎日です。そんな中、夫の両親には本当にお世話になっています。
 私の実家は他県で遠く、夫も朝早く夜遅い生活の為今時流行のイクメンとはほど遠く、義母の助けなくしては間違いなく育児ノイローゼになっていたでしょう。
 美容院等、どうしてもという時はもちろん、「たまには映画でも観てきたら?」
と快く送り出してくれる義母。
 遊ぶ為に子供を預けるのは多少後ろめたいのですが、たまに子供と離れて好きなことをするとリフレッシュできて、実にありがたいのです。毎日なにくれとなく手伝って頂き、まさにおんぶに抱っこという感じ。
 来たばかりの頃を思えば、お礼の言葉を口に出すことも減りすっかり当り前のような顔をしている私ですが、日々感謝の気持ちでいっぱいです。本当にいつもありがとうございます。




ふんわりママ
大阪府東大阪市六万寺町

「母の日エッセイ」
お母さん、私もういい歳やのに、1児の母やのに、いつも心配してくれてありがとう。
ここ3年体調が優れずにいた私を、心から心配し支えてくれたお母さん。私もお母さんとよく似て、あまのじゃくやから、感謝の気持ちも適当にしてるけど、ほんまはすごい感謝してます。
時々、無邪気な子どもみたいな言動で周りを笑顔にするお母さん。
今年満開の桜の頃、お母さんの心の糧やった「おばぁ」が逝ってしまったけど、介護の疲れをゆっくりとって、自分の為にこれからの時間を使ってほしいです。
いつまでも元気でおってな、ありがとう、お母さん!


 応募作品は以上です。たくさんのご応募誠にありがとうございました!
 頭を悩ませた選定ですが、ギリギリまで悩んで入賞作品を選出致しました。

ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012 入賞作品発表!

ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ



 応募作品は以上です。たくさんのご応募誠にありがとうございました!
 頭を悩ませた選定ですが、ギリギリまで悩んで入賞作品を選出致しました。

ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012 入賞作品発表!

ウーマンライフ 母の日エッセイコンテスト2012
全応募作品を公開!
前へ

Pocket
LINEで送る