女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年5月30日

奈良で11日間連続の音楽祭開催♪

Pocket
LINEで送る

ムジークフェストなら2012
6月14日(木)~24日(日)

本場のクラシックを中心に60以上の公演、世界遺産での演奏会も!

 奈良県では6月14日(木)から「ムジークフェストなら2012」と題した音楽祭が11日間連続で開催されます。ドイツ音楽との交流をテーマにしたもので、神社仏閣、県内文化施設、ホテルやレストランなどでクラシックを中心に大小様々な60を超える公演が予定され、国内外から多くのアーティストや来訪者が奈良に集います。
 「奈良だからこそできる上質な音楽祭を目指したい」という奈良県地域振興部 文化・教育課 文化政策係主査の木戸脇泰三さんにお話を聞きました。

「6月は奈良は観光客が少ない時期なのですが、今後はこの『ムジークフェストなら』を全国から注目が集まる音楽祭にしていきたいですね。14日のオープニング公演は2010年にベルリン・フィルの第1コンサートマスターに就任した樫本大進氏(ヴァイオン)とロシア・ナショナル管弦楽団による世界トップレベルのクラシックコンサートで幕明けます。国内外から多くのアーティストが集結する一方で、県内の文化の普及を目指し、地元のアマチュアの演奏家や学生などの演奏会も多数開催されます」

 世界遺産の社寺、史跡を会場とした、奈良ならではのコンサートも楽しめます。春日大社や東大寺、大安寺、薬師寺、唐招提寺、西大寺などでの演奏会や、猿沢池から興福寺にあがる五十二段の階段を客席にしたコンサートなど趣向に富み、奈良県新公会堂ではドイツの食べ物が楽しめるブースも出店されます(15日)。

 「レストランやカフェで食事をしながら音楽を楽しめるコンサートもあります。お寺での演奏会の後に周辺を観光し、夜は本格的なホールでクラシックに酔いしれる…、など様々なプランで楽しんでいただけます。ドイツのクラシック音楽だけでなく、ジャズや古楽などとジャンルも多彩な音楽祭です。無料のコンサートも多いですから気軽にどうぞ」と木戸脇さん。
 音楽祭のプログラムは県庁、観光案内所、文化施設などで手に入ります。またはホームページで確認ください。

Pocket
LINEで送る