女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2012年6月8日

勝負を盛り上げる、チアリーダーを募集中!  ―滋賀レイクスターズ―

滋賀レイクスターズ
LAKES CHEERLEADERS

一流を目指す意識とスキル備えたプロフェッショナルを

 日本プロバスケットボールリーグ・bjリーグに参戦し、5月に今シーズンを終えた滋賀レイクスターズ。滋賀唯一のプロスポーツチームということもあり、人気は年々上昇。広報担当の松浦翔太さんによると「今シーズン、ホームゲームでは観客動員数が毎試合約1700人を越えました」。観客も安定して増加傾向にあり、ファンクラブ「Club Lakes」は2900人を突破(5月27日現在)した。

 成績も年を追うごとに上がっており「今季は西地区の4位に入り、3年連続でプレイオフに進出しました」。カンファレンスセミファイナル(地区準決勝)で、今年同リーグ優勝を果たした琉球ゴールデンキングスに敗れたものの、10月から始まる来シーズンも期待できる結果を残し、シーズンを終えた。
 その来季に向けて、同チームでは試合を盛り上げるチアリーダー「LAKES CHEERLEADERS」を募集している。「応募資格は高校生以上の女性で、責任を持って1年間の活動をできる方です」。チアリーダーだけをやっている人よりも、大学生や社会人が多く、以前は高校生も参加していた。学校に通いながら、会社に勤めながら活動できるわけだが、週に2回の定期練習、2週に1度は開催されるホームゲームはもとより、地域のイベントに参加することも多く、それらの活動に参加できるのが条件。そして何より「レイクスターズを好きで、滋賀を愛する人がいいですね」。

 現場の声も聞いてみた。LAKES CHEERLEADERSのディレクター・川中尚子さんと、今季キャプテンを務めたユミさんは「私たちのモットーはプロフェッショナル。スキル、ビジュアル、スピリッツが必要です。パフォーマンスをするだけではなく、ブースター(観客)の皆さんから『一緒に応援したい!』と思ってもらえる、会場を包み込んでブースターを盛り上げるのが私たちの役割です」(川中さん)。「チームはもちろん、イベントなど地域との交流も行い、お子さんたちから憧れてもらえる存在になることが目標です」(ユミさん)。では、新たなメンバーに求めることは?

 「人として、チアとして、一流を目指します。『やってみよう!』という気持ちがあれば、ぜひ応募して頂きたいですね。人生で最高に輝ける場所を、一緒に作りましょう!」(川中さん)。「熱い気持ちになれる場所。チアとして輝ければ、他でも頑張れますし、熱くなれます。人生を変えられる場所なので、ぜひオーディションを受けてみてください!」(ユミさん)。

 募集定員は15名程度。今季のメンバーも再度オーディションを受け、来季のLAKES CHEERLEADERSを目指す。狭き門だが「レイクスターズを愛する気持ちは誰にも負けない!」「私もチームを、ブースターを、地域を盛り上げたい!」という方、輝ける舞台へ、挑戦を。

未成年者は保護者の承諾が必要。また、申し込み方法やオーディションの内容などは、滋賀レイクスターズのサイトまで(下記参照)