女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年6月18日

関西で一番、熱い日に! ―第12回 サマータイムジャズパーティー―

Pocket
LINEで送る

ノボテル甲子園
サマータイムジャズパーティー

昨年のサマータイムジャズパーティーの様子。若手・重鎮、プロ・アマ問わず,レベルの高いジャズが堪能できる。「アーティストと直接話せるかもしれません。ふれ合いや親交を深めて頂ければと思います」

今年は「ブルース」「ブギウギ」をテーマに一流のプロ・アマが多数出演

毎年、ノボテル甲子園にて開催されるサマータイムジャズパーティー。今年は7月1日(日)に行われる。主催のNPO法人関西ジャズ協会で理事を務め、自身もヴォーカルとして出演する新井雅代さんと、同じく理事でジャズドラマー・田中ヒロシさんに話を聞いた。
「(同イベントは)関西ジャズ協会発足1周年を迎えた記念で始りました」。ジャズを聴くのに大きなホールだけではなく、ライブハウスなど小さな「ハコ」にも足を運んで欲しい。その思いを抱いて発足した同協会。年に1度、同協会の会員や支えてくれている関係者、ジャズ好きな人たちに感謝の気持ちを表したいと2000年から開催し、以後、毎年行っている。

「(同協会にとり)1番大事なイベントです。また、他のイベントでは(多忙などで)出るチャンスが少ない方も出演されます。重鎮から若手まで聴いて頂きたいですし、アーティスト同士も良い刺激になっているようです」。

2部と3部のあいだにはお楽しみ抽選会も。「ノボテル甲子園さんで使えるクーポン券や、(協力の)森下仁丹さんからも1万円相当の商品が提供されています」

同イベントは3部構成。1部のトップバッターは例年、学生のビックバンドが務めている。「ここ数年は『大手前大学 ジャズ スカイスクレイパー』が演奏しています」。毎年、目を見張る成長を遂げている同バンド。今年はジャズの第43回 山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテスト全国大会にも初出場が決定。学生バンドとはいえ、そのレベルの高さはプロのふたりも認めるところだ。
また、1部と3部では例年、テーマを決めているが、12回目の今年は12小節を基本とするブルースやブギウギがメイン。「曲名に『ブルース』と入る曲も演奏されます」。4ギターブルースセッションなど、ブルースやブギウギを満喫できる。「(ヴォーカルメインの時間には)テーマに関係なく熱唱しますが、女性ヴォーカルが多い中、男性ヴォーカルも多く登場しますから、ぜひ楽しんで頂きたいです」。

2部では、第5回なにわジャズ大賞の授賞式と記念ライブも行われる。「元々、伝説のジャズドラマーである中山正治氏の名を残そうと『中山正治ジャズ大賞』として15年間、開催されてきました」。ただ、同氏の17回忌を終え、新たな展開をと、最後の受賞者である田中さんプロデュースの元、意志を引き継ぎ開催している。

2部で開催される第5回なにわジャズ大賞。今年の受賞者である荒玉哲郎氏(プロの部・写真左)と中島要氏(アマの部・写真右)。この受賞記念ライブも必聴だ

「ジャズ団体や過去の受賞者などから推薦者を頂き、選考委員で選び、運営委員で決定します」。推薦者は約100人。プロの部とアマの部があり、それぞれ1人または1団体が選ばれる。今年、プロの部ではベーシストの荒玉哲郎氏、アマの部ではドラマーの中島要氏が受賞。「関西ジャズ協会が(受賞者決定などを)行っているわけではありませんが、ジャズパーティーに組み込んで多くの皆さんに知って頂きたいと思い、2部として開催しています」。

同イベントは13時から18時30分までの長丁場。しかも、ジャズとくればお酒も飲みたくなるところ。「今年はノボテル甲子園さんのご好意で、ドリンクの金額が少しお安くなっています」。

ジャズの世界に酔いしれながら、おいしいお酒を頂く。今年も、関西で一番熱い日になりそうだ。

会場/ノボテル甲子園
開場/12:30
開演/13:00~18:30(予定)

チケット(1ドリンク付き)
前売券 4000円 当日券 4500円

Pocket
LINEで送る