女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年7月5日

B-1グランプリ出展で名張を発信

Pocket
LINEで送る

名張牛汁協会
会長 奥田哲也さん

北九州市で10月開催「B-1グランプリ」に“名張牛汁”初出展!

 ご当地グルメで地域活性化しようと全国各地で盛り上がりをみせるなか、ご当地グルメの祭典「B-1グランプリin北九州」が10月20日・21日、福岡県北九州市で開催されます。全国規模となる「B-1グランプリ」への参加資格が与えられる正会員に昇格した名張牛汁協会が、今回初の出展に向け約1万2千食の提供を目標に着々と準備を始めています。
 名張牛汁協会の奥田哲也会長は「全国に名張を発信できるきっかけとして出展を決めました。地元名張の牛汁を多くの人に知ってもらいたい」と目標を語ってくださいました。名張市内の精肉店で、まかない料理として出されていた牛肉入りの吸い物を商品化し、地元行事などで販売してきました。
 名張牛汁協会は、名張商工会議所青年部から事業を引き継ぎ昨年4月に市民団体として発足しました。東日本大震災の被災地への炊き出しなど、地元以外での活動も続けています。

 三重県のなかでは他に、「四日市とんてき」・「津ぎょうざ」・「亀山みそ焼きうどん」がB級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(通称:愛Bリーグ)の正会員として存在し、名張牛汁協会は4団体目となります。「牛汁の原型は、精肉店で肉の切り落としをうどんだしで煮込んだスープとして80年以上前から食べられていました。お肉と具材のおいしさをシンプルに味わえる一品です」と奥田会長。焼きおにぎりをほぐせば、雑炊風にいただくこともできるのだとか。
 牛汁で地域活性化、名張を盛り上げていきましょう!

●名張牛汁協会 会員・販売店募集中●

 全国大会への出場に向け、名張市牛汁協会ではイベントなどの活動を一緒に手伝っていただける協会員を募っています。
 年齢・性別・居住地に条件はなく、入会時に2千円の協賛金のみ必要ですが年会費もないため「名張を盛り上げたい!という熱い想いがあれば誰でも歓迎です」と奥田会長。会員になれば協会メンバーの肉人(にくんちゅ)Tシャツがもらえます。
 また、協会の方針に賛同し牛汁の販売ができる協賛店も募集中。名張市観光協会への入会と販売メニューのチェックが通ってからの登録で、協賛費2千円と引き替えに牛汁のれんがもらえます。
 牛汁5カ条を守ってくれる飲食店ならジャンルは問わないとのこと。

Pocket
LINEで送る