女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年7月18日

味も調理も本格的。そば打ち通じて社会貢献  -河内長野市・菜園クラブ―

Pocket
LINEで送る

河内長野市小山田町
菜園クラブ

農業ボランティア市民団体の有志で活動。料理講習会などで地産地消啓発も

 全国的に農家の人手不足は深刻だ。その原因は少子高齢化や跡継ぎ問題など様々あるが、河内長野市で農業や家庭菜園の勉強会、野菜の共同栽培、農家へのボランティアなどを行っている市民団体「菜園クラブ」の代表・斉藤晴美さんは「収入」を要因のひとつとして挙げる。
 「(同会を発足させたのは)農業の勉強会をやりたかったから。市の勉強会を受けて、もっと勉強をしたいと考えました」。そこで、実際に農家を訪ね、ともに鍬や農具を手にしながら師事される。その時、専業農家における収入の低さを知り、愕然とした。
 「今では自分でも畑を耕すようになり、実感しました」。しかも、農業従事者の高齢化は深刻。なんとかせねばと、収穫時などの農家支援ボランティアを始めた。

 また、会員で野菜を共同栽培し、会員などに格安で提供。「使っている肥料は有機肥料。撒いたとたんに鳥がついばみにくるような肥料を使用しています。安心で安全な野菜を目指しています」。野菜作りや農家支援のための勉強会・研修会では自身も教壇に立ち、大学から講師を招くことも。
 「会員の方には最低でも半年に1度はボランティアに参加してもらうようにしています」。半年間、ボランティア活動に従事しなければ退会させる。会の本気さが伝わってくる条件だ。「家庭菜園などの経験がなくてもできることはたくさんあります。それに、勉強会や研修会では多くのことを学べますし、安全でおいしい野菜が格安で手に入りますから、ぜひ多くの方に参加してほしいです」。

 そして、作った野菜とともに、自分たちで打ったそばも提供する「料理講習会」を年に2~3回開催しているのも同会の特徴。本気の同会らしく、会員有志のそば打ち会を毎月第1水曜日に行い、講師に教わりながら、全国麺類文化地域間交流推進協議会(全麺協)が認定する「素人そば打ち段位」の段位取得を目指している。「私も講師のできる3段を取得しました」(斉藤さん)。会員が作ったそばは舌触り、歯通り、喉越し、香り、すべてが本物。出汁も本返しで、素材も一級のものを使用。これだけのそばを食べようと思ったら、かなりの高級店に行かねばならないだろう。

 「そば打ちを地域の高齢者施設で行うこともあります。また、季節の野菜と私たちの打ったそばを試食して頂く『料理講習会』を、7月25日(水)に『河内長野市立市民交流センター(キックス)』で行います。ぜひ、多くの方に地域で獲れた野菜の美味しさも味わって頂きたいですね」。

 なお、同講習会は一般の人も参加可能で定員は25人(多い場合は抽選)、時間は9時30分から14時。参加費は1千円で、エプロン・三角巾・ふきん持参。申し込みははがきかファクスで住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、催し名「そば打ちと地産料理の試食会」を記入して7月18日(水)必着で斉藤さんまで。

 1月は第2水曜日に開催

Pocket
LINEで送る