女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年8月1日

“心こそ大切なれ”-真の思いやりで美を提供 グローバ株式会社 山口伸子さん

Pocket
LINEで送る

大阪市中央区南船場
グローバ株式会社 代表取締役 山口伸子さん

1回1回のお手入れで満足してもらいたい

 アンチエイジング、痩身など女性の美的願望を幅広く満たしてくれるサロンとして人気の「アンシャンテ」「ピュア・ノア」を育ててきたのが、山口伸子社長だ。理容師のご主人のお店を手伝いながら美容の免許を取得、女性客のパックなどもするようになって「人に喜んでいただくことに生きがいを感じた」のだとか。そこで、お店の一角に個室を作ってエステを始めたのが、この世界への一歩だった。

 「最初は名前を知ってもらうだけでも苦労しました。とにかくお一人お一人を大事にし、誠心誠意お手入れさせてもらうこと。“一期一会”という言葉が好きなんですが、本当にその1度の出逢いを大切にするよう心掛けましたね。今でもスタッフによく言うんですよ、『百回来られても初めてのお客様』って。いつも新鮮な気持ちで緊張感を持ってお手入れさせていただくことが大事。1回1回のお手入れで喜んで、満足していただきたいですから」

生命で感じられる、思いやりある人に…

 そんな山口社長が大切にしているのが“心の教育”だ。「社訓でも『心こそ大切なれ』と掲げていますが、お客様の思いに近づき、お悩みや心の傷みをわかちあい、自分の事のように真剣に改善するには、上辺だけのサービスではダメ。相手の立場に立って考え、いかに“生命”で感じられるかが大切なんです。お客様に対してはもちろん、スタッフ同士もね。でも、こういうのってマニュアルがないでしょ。だから、環境が大事。いい環境の中で日々積み重ね、1日1mmでも成長する、昨日とは違う自分になることが大切だと思うんです」。基本は“人”と語る山口社長は、技術のみならず、人間性、心の教育にも余念が無い。

 「私にとってスタッフ全員が家族です。娘のように思って厳しく叱ったりもしますよ(笑)」。そんな母親のような愛情が伝わり、スタッフからの信頼も厚い。「これからも思いやりのある環境をみんなで作りあげていきたい」。山口社長が率いるサロンに長年通い続けるお客様が多いのは、心に響く温かい何かがあるからではないだろうか。