女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年8月1日

let’s節電!~エアコン、こんな使い方はどうなの?~

Pocket
LINEで送る

let’s節電!
エアコン、こんな使い方はどうなの?

「エアコンもこまめに消す」は逆効果?!

 節電はわかっているけど、この暑さではエアコンはかかせません。
 そこで思ったことはありませんか? こんな使い方すれば、節電になるのかな?
 「節電のためにTVはこまめに消す」…じゃあエアコンも、こまめに消した方が節電になるのでしょうか?
 この点に関して、(財)電力中央研究所が実験をしています。

 同じ条件の室内で、一方のエアコンは連続運転で、もう一方の同一機種エアコンは30分運転したら5分消すという間欠運転をしてみました。
 エアコンの消費電力は運転開始時にぐんと伸び、気温が下がると電力も低下していきます。間欠運転の方は、エアコン停止と運転の際に室温は約2℃の幅が生じてしまいました。
 実験の結果、間欠運転の消費電力を100としたら、連続運転は約7割。約3割も電力量が少ないという結論が出ました。
もちろんエアコンの機種によって効果は違うはず。でももったいないからとエアコンを消したりつけたりするのは、逆に電力を使ってしまうということがわかったのです。

「設定温度を下げる」と「台数を減らす」、どっちが節電?

 野村総合研究所が東京電力供給区域内で調査したところ、エアコンの設定温度を1℃上げた場合は20万kwの節電に。エアコン使用台数を1台減らした場合は81万kwの節電という結果となりました。
 つまり設定温度を上げて何台もエアコンを使うより、1つの部屋でエアコンを使ってみんなで過ごすほうが何倍も節電効果が高いのです。
 エアコンだけではありません。照明器具やテレビなども一箇所で済み、節電になります。家族団らんのためにも、この夏は一部屋で快適に過ごすことがお勧めです。

「扇風機をたくさん使うと逆に電力を使う?」エアコンとの消費電力の比較

 エアコンの冷気を、扇風機で室内を循環させる、こうした併用方法が節電に効果的とされています。 たとえば記者の場合、リビングのエアコン1台をつけて、他の2部屋にも扇風機で冷気を流しています。この場合、計3台のサーキュレターや扇風機を使っているわけです。
 そこで不安が・・・。こんなに扇風機を使って、消費電力は? もしやエアコンもう1台を使う方が電力を使わないのでは・・・?
 そこで調べてみたところ、扇風機・サーキュレーターの場合、同じ機種でも風量によって消費電力は変わりますが、消費電力はおおよそ30~40W。機種によって違いますが、エアコンの消費電力は8畳用で約500W。つまり扇風機10台を使って、やっとエアコン1台の消費電力になる計算です。

 電気代で考えると、扇風機は1時間約0.7円ほど。一方エアコンは1時間約16円。設定温度を1℃上げると10%の1.6円節約となります。
 エアコンの設定温度を1℃下げるより、扇風機2台をプラスする方が安い・・・となりますね。
 また同じ室温でも、風があると体感温度は約2℃も下がるそうです。これこそ扇風機の効用! やはりエアコン+扇風機の併用は効果的なようですね。今後も安心して扇風機を使えそうです。

Pocket
LINEで送る