女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年8月5日

建て替えとリフォーム、どちらが得?

Pocket
LINEで送る

京都文化博物館

なぜ建て替えではなく「リフォーム」と銘打つの?

 TV番組でも見かけます。リフォームで美しく機能的に変身した家…「いいなぁ、うちもリフォームしたい!」。でも思ったことはありませんか? 壁を取り払ったり間取りを全部変えたりする様子に、「いっそ建て替えすればいいんじゃないの?」って。
 リフォームなら問題にならないけど、建て替えとなると厄介、実はそんな様々な事情があるのです。
 例えば建て替えにしてしまうと、不動産取得税、不動産登記、固定資産税などが新たに必要になってきます。また地域によっては、建築基準法や条令の改正によって、建て替えると前より小さい家しか建てられないという場合も生じてきます。こうした事情から、建て替えではなくリフォーム、となったのでしょう。

リフォームと建て替えのメリット、デメリット

 ではどんな場合でもリフォームなら万全なのでしょうか? いいえ、建て替えよりリフォームの方が費用がかかったり、リフォームでは対応しきれない場合もあるのです。そこでリフォームと建て替えのメリットとデメリットを掲げてみました。
・リフォームのメリット
●使える部分は利用するため、廃棄物が少ない。撤去処分費・運搬費などのコストが低い。
●住みながらの工事なので転居費用も節約。
・リフォームのデメリット
●少しずつ壊して作るため、建て替えより手間と時間がかかり、工事単価はむしろ割高かも・・・。
●基礎の劣化や沈下、構造的に重要な部分の腐食がある場合、かなりの費用が必要。
●間取りを大幅に変更する場合、構造上重要な壁を移動したりすると費用がかさむ。
●原則的にその家の元々の構造で増改築する。違う構造を混ぜるには、知識と経験のある業者を選ばなくてはならない。
・建て替えのメリット
●間取りや構造も自由。
・建て替えのデメリット
●工事費の他に、仮住まい、引越し、登記の費用などが必要。
●廃棄物が多く、処分費も多く掛かる。
●建築基準法や条令の改正によっては、前より小さい家しか建てられない。

後悔しないためにじっくり検討を!

 建て替えとリフォーム、どちらにもメリット、デメリットはあるようです。どちらを選択するか、その目安のひとつは費用の比較。建て替えとリフォームの費用を算出してみて、リフォーム費用が建て替え費用の7割以上かかってしまうようなら、建て替えにした方が得なようです。
 そして大切なことは、後悔するようなリフォームはしない、ということ。実はそんな例は多いのです。せっかくリフォームしたけど後になって無駄になった、思いつきでリフォームしたら家全体とのバランスがとれなくなった…。 そのためには、10年、20年後にどんな暮らしをしているか、家族全員がどんな希望やライフプランを持っているか、そのリフォームで後何年もたせたいのか。こうしたことを、きちんと家族で考えておく必要があります。

 まず基礎や構造など、家の状態を知るため、プロに診断してもらいましょう。どんな工事が必要なのか、しっかり見極めた上で、リフォームか建て替えかを判断してください。

Pocket
LINEで送る