女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年8月15日

家族への愛惜の情あふれる特攻隊員の遺書

Pocket
LINEで送る

明石市立文化博物館

「兄妹仲良ク御両親様ニ孝養ヲ」「國ヲ守リ皆ヲ見守ツテ居ル」

 航空自衛隊奈良基地(奈良市)の教育講堂・松林苑には、旧日本軍の軍服や遺品、自衛隊関係の資料が展示されています。その一角に太平洋戦争当時、特攻隊員だった堀毛利衛・陸軍大尉が弟妹にあてた遺書があります。
 昭和18(1943)年5月18日の日付が残る遺書には、堀毛大尉が弟や妹の健康を気遣い、家族を思う愛惜の情が満ちています。
 大尉の父・平太郎さんのもとには、この手紙が書かれた半年後、堀毛大尉の戦死を告げる公報が届きました。
 堀毛大尉の遺書は、次の通り。(改行は編集部で調整しています)

航空自衛隊奈良基地 松林苑 堀毛利衛・陸軍大尉

遺書
弟妹ヘ
身体第一充分健康ニ注意サレヨ
兄妹仲良ク御両親様ニ孝養ヲタノム
兄ラシイコトモ出来ズ誠ニスマナカツタ
大イニ勉学修養ニ勉メ立派ナル
日本人 母ニナツテクレ
身ハ亡ンデモ魂ハ永遠ニ止マツテ
國ヲ守リ皆ヲ見守ツテ居ル
デハ元氣デ
航空自衛隊奈良基地・松林苑の見学(平日のみ)は予約が必要

Pocket
LINEで送る