女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年8月31日

木の机と椅子のセットがプラモデル感覚で作れちゃう  ―株式会社大都・もくプラ―

Pocket
LINEで送る

【親子のお悩み】

初心者でも挑戦できるお手軽キット。家族でモノづくりの楽しさを

 ネットショップ「DIYツールドットコム」を運営する株式会社大都では、8月10日から「木のプラモデル もくプラ(12500円 送料・税込)」を発売した。
 国内の間伐材(杉・桧)を使い環境に配慮、強い強度と低価格を実現した同商品は、DIY初心者でも作れるように開発された。同社の広報担当・松吉孝雄さんによると「弊社の理念は『つくる楽しさを、未来へつなげたい』。子どもたちなどにモノづくりの楽しさを伝えようと考えていたのですが、(本格的なDIYは)ハードルが高く、(ハードルを)下げられないかと検討していました」。

 そういった折、取引のある木材業者から声をかけられた。「今までも『もくプラ』のような比較的簡単に作れるキットを開発する計画はあったものの、商品化に至っていなかったそうで、それならば一緒にやろうと」。
 双方の想いが合致し、同商品は誕生。机と椅子2脚を計4枚の板から作るのだが、最初から切れ込みが入っており、作り手が切る部分はほんのわずか。まさにプラモデルのパーツを切り取る感覚だ。「必要な工具はのこぎりと、切り取った部分をきれいに仕上げるサンドペーパー(紙やすり)、それに電動ドライバーです。また、机と椅子を屋外に設置されるようでしたら、専用の木材保護塗料を使用された方がいいですね」。

 子どもたちだけではなく保護者でもDIYの経験が少ない人は多いだろう。そういった人でも作れる、いわばDIY入門キットでもある。「切る部分が少ないですから、小学生くらいであれば一緒に切ったり組み立てたりできます。また、もっと小さなお子さんでも保護塗料を一緒に塗ることができます。『もくプラ』をきっかけにモノづくりの楽しさはもちろん、家族で作る楽しさを感じて頂くきっかけになればと思います」。既製品ではなく、自分たちで作り、自分たちの好きな塗装を施した、世界で唯一のオリジナル。実用性も高く、できた時の嬉しさは一入だろう。
 「まだ具体的ではないですが、今後は椅子のみのキットや、犬小屋、物置などのキットも検討しています。『こういったキットがあれば』といったご要望もお寄せ頂きたいですね」。なお、同社はネット販売がメインだが、9月30日と10月28日(ともに日)にはフリーマーケットに参加する予定。「お客様と触れ合うことが少ないので、ぜひ多くの方にいらして頂きたいですね」。詳しくは同社ネットショップを参照のこと。

Pocket
LINEで送る