女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年9月1日

奈良県内外の大学生が笑顔で防犯を呼びかけ 「あっぷりけ戦隊! 奈良まもりたい」

Pocket
LINEで送る

芦屋市立美術博物館

楽しみながら活動に取り組み大好きな子どもたちの安全を守りたい

 2010年10月、奈良県警察の呼びかけで、県内外の大学生が参加する自主防犯ボランティア団体「あっぷりけ戦隊!奈良まもりたい」(以下「あっぷりけ」)が発足しました.畿央大学教育学部3回生の渡辺菜摘さんは、11大学66名の隊員の代表としてリーダーシップを発揮し、さまざまな防犯啓発活動に取り組んでいます。

 2010年春、大学入学直後から「ボランティア活動をしてみたい」と考えていた渡辺さんは、「あっぷりけ」の発足と隊員を募る告知に目を留めます。『警察に関係するボランティアなんて珍しい!』。持ち前の行動力を発揮し、すぐに参加を決めた渡辺さん。県内外8大学の学生71人の仲間とともに、活動をスタートしました。

 イベント会場や商業施設での防犯チラシの配布や地域パトロールなど、多岐にわたる取り組みの中で渡辺さんが常に心掛けているのは、「自分自身が楽しむこと」。卒業後は保育士を目指す渡辺さんにとって、活動を通じて子どもたちとふれあうことは大きな楽しみの一つで、「これからも子どもたちが安全に暮らせるお手伝いをしたい」と瞳を輝かせます。
 フランス語の手芸用語にちなんで、隊員自ら名付けた「あっぷりけ」。「ボランティア活動を通じて(まちの安全を)修復をしていき、二度と破れない住みよいまちづくりを目指そう」との思いを込め、きょうも渡辺さんたちは明るく元気に防犯を呼びかけています。

Pocket
LINEで送る