女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年9月6日

みんな、おづみんに会いにきてっ!―泉大津市―

Pocket
LINEで送る

監督 クロード・シャブロル
出演 マドレーヌ・ロバンソン/ジャック・ダクミーノ/ジャンヌ・ヴァレリー/ジャン・ポール・ベルモンド

市制70周年に誕生したマスコット。7のつく日は市役所に登場っ!

 市制70周年を迎えた泉大津市。それを記念し、市民からの公募・投票によって誕生した同市のマスコットキャラクター・おづみんが、9月中、市役所ロビーに登場する。同市企画調整課の課長補佐・橋本幸男さんによると「市役所職員が市のカラーであるオヅブルーのTシャツを着て職務にあたっている7のつく日、12時から20分程度、おづみんも登場します」。
 おづみんは5月に誕生したばかり。市としては子どもたちと接する機会を作りたいと考えた。「市長からも『おづみんに会える日を作ってはどうか』といった話もありましたので、夏休みの8月と、今月9月に実施することになりました」。
 市役所にはおづみんに会いたいと集まる子どもたちが多く、「たまたま来所されていた方も携帯電話などで写真を撮ってらっしゃいますね」。とくに年配者に人気なのだとか。また、市役所の職員からも人気があり、取材中も携帯電話で撮影する姿が。「うちの子も大好きで、羊の羊精(妖精)でかわいいって言ってます!」(女性職員)。

 おづみんは同市役所のホームページで「おでかけ日記」も書いており、その人気ぶりが伺える。「まずは泉大津市で、人気のローカルアイドルを目指しています。市内で有名になれば全国に進出してからも『あ、おづみんが出てる!』と市内でも盛り上がります。全国へむけた泉大津のPRにもなります」。
 おづみんの貸し出しも積極的に行っており、夏祭りなど市内各種のイベントに登場。ラジオの公開生放送やテレビ出演も果たしており、今後は彦根市で行われる「ゆるキャラまつり」などにも参加したいと考えている。
 「おづみんは羊精(妖精)です。毛布・ニットのまち泉大津を発信できたらと考えています。ぜひ、会いに来てください!」。

Pocket
LINEで送る