女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年9月8日

天川千穂&木村実紗麗の幸せになろう!Vol.32

Pocket
LINEで送る

監督 クロード・シャブロル
出演 イザベル・ユペール/ジャン=フランソワ・バルメール/クリストフ・マラヴォワ/ジャン・ヤンヌ

弁護士を目指しているが…

〈今回のお悩み〉 36歳女性。司法試験受験生です。法科大学院に行くお金も、超難関の現行枠(2011年まで行われていた旧司法試験による合格枠)で受かる自信もありません。私は諦めて嫁に行くべきでしょうか?

〈回答〉

 ただでさえ司法浪人生活はキツいのに、ご両親から毎日「嫁に行け」と責められているんですか。それは辛いですね…。
 あなたの星は「厳しい親の元で、人より多くの障害を乗り越えて生きるしかない」宿命を示しています。これは覚悟しておきましょう。
 あなたは本来「キャリアウーマンの星」の人。しかも弁護士はあなたの適職です。今歩んでいる道は間違っていませんよ! だから、諦めずに勉強を続けてください。平成**年頃には最終合格できるはずですから。
 寝不足と過労に弱い星があるので、身体に注意して頑張ってください。応援しています!

〈資格について〉

 「資格を取りたい」というご相談は、「仕事の星」を持たない人からがほとんどです。仕事が辛いから、資格を取って転職を有利にしようとの作戦ですね。
 でも、こういう人は、正直言ってどんな仕事に就いても楽はできません。
仕事での苦労が多い人に、私は自分の適職を選ぶようお勧めしています。好きな仕事なら、苦労は多くても生き甲斐のある職業人生を送れますから。
 苦労が多くても、あまり儲からなくても、社会の役に立ち、自分も満足できる人生は、幸せだと思いませんか?

 みんな、幸せになろう!

Pocket
LINEで送る