女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年9月20日

祝・ジャパンカップ2012優勝!創部20周年記念公演 -梅花女子大学チアリーディング部-

Pocket
LINEで送る

社団法人名張市観光協会

9月22日(土・祝)箕面市立市民会館グリーンホールにて
13時30分から(第1部)、17時30分から(第2部)

 チアリーディングには女性のみのチームと男女ミックスチームがある。その技を競うべく全国大会「ジャパンカップ2012」(大学の部)で優勝したのが、梅花女子大学チアリーディング部だ。
 同大企画部広報グループによると「1998年に優勝して以来、2000年からは常に3位以内です」。他の国内大会でも優秀な成績を修めており、今年は「第6回チアリーディング アジア インターナショナルオープン チャンピオンシップ」で優勝し3連覇を達成。インカレでは2010年に優勝、昨年は準優勝だった。
 「国内の大会では女性のみのチームと男女ミックスチームが競い合います」。一般的に、ミックスチームの方が優位だと言われている。審査時に裁量が加えられるものの、ミックスチームは男子のパワーを活かした技を演じられる。女子のみのチームが勝つのは難しい。そういった中、女子大のチームとして奮闘している。「女子だけで日本一を目指す美しさを追求しています」。

 キャプテンの豊(とよ)さん(3年生)にも話を聞いた。「(ジャパンカップを優勝し)言葉にならないくらい嬉しかったです!」。直前にレギュラーメンバーの負傷などがあり、メンバーチェンジを余儀なくされた。苦難を乗り越え、ミックスチームを抑えての優勝。「友だちや家族とも一緒に泣きました!(笑)。みんなに喜んでもらえる演技ができてよかったです!」。
 華やかな演技を支えるのは厳しい練習だ。平日は4時間、日曜などは8時間。ダンスやリフティング、時には走り込みや筋トレも行い、自身の弱い部分を補いつつ基礎体力を養成する。大学からチアリーディングを始めた細川さん(4年生)は「辛いことはたくさんありました(笑)。でも、信頼できる仲間がたくさんできました。チアリーディングをやっていなかったら、ここまでの信頼感は得られなかったですね」。豊さんも「辛いこともありますが、多くの方々が支えて下さっていますから、乗り越えられます。自分たちにしかできない演技をできたときは嬉しいですね!」
 その梅花女子大学チアリーディング部の創部20周年記念公演が9月22日(土・祝)に箕面市立市民会館グリーンホールで行われる。2部制になっており、第1部は13時30分から15時30分まで、第2部は17時30分から20時まで。
 「(イベントなどで)小さなお子さんが喜んでいる姿を見ると、チアをやってて良かったって思えます。演技で皆さんを笑顔にして楽しませる、皆さんからの声援に演技で応えられる公演にしたいと思っています。笑顔になりに来て下さい!」(豊さん)。
 なお、記念公演の詳しい内容は、下記問い合わせ先まで。

Pocket
LINEで送る