女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年9月20日

湯気の向こうに「ありがとう」の思いを込めた “世界遺産のヒノキ”がぷかぷか

Pocket
LINEで送る

雨田デュオの会

敬老の日にちなみ全国のスパ施設などで開催「100のありがとう風呂」

 「おじいちゃん大好き」「おばあちゃん長生きしてね」。奈良健康ランド(奈良県天理市嘉幡町)のひのき風呂に、孫が祖父・祖母にあてメッセージを書いたヒノキの入浴木が浮かび、来館者の心をポカポカと温めています。
 きっかけは、三重県の温浴施設で3年前から始ったイベント「100のありがとう風呂」。おじいちゃん・おばあちゃんへのメッセージを書いた直径9cmの入浴木を湯船に99枚浮かべ、残り一つのメッセージを本人から直接伝えることで、心も体も温まってほしいとの思いが込められています。

 イベントは口コミやブログなどで全国に広がり、奈良健康ランドによれば、今年は敬老の日の前後に34都道府県の温浴施設・フィットネス・介護施設など145店舗で行われているそうです。
 昨年に引き続き実施している奈良健康ランドでも、和歌山県尾鷲市の “熊野古道・世界遺産のヒノキ”が湯船にぷかぷか。メッセージを記入した希望者にはイベント終了後、入浴木を贈呈する予定で、自宅でもヒノキの香りに包まれた幸せなひとときが過ごせます。
 奈良健康ランドではこのほか、60歳以上の方は平日の入館料(通常1000円)が半額になるキャンペーン(11月30日(金))も行っています。(入館時に証明書を提示)

「100のありがとう風呂」

会場:奈良健康ランド 奈良県天理市嘉幡町600-1
日時:9月23日(日)まで、9時~22時
入館料:大人(中学生以上)1500円、小人(3歳~小学生)800円、シニア(60歳以上・通常)1000円

Pocket
LINEで送る