女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年9月25日

2013年の流行色は「黒」  幸運のカラーは「マゼンタ」「黄緑」

Pocket
LINEで送る

監督 フレッド・M・ウィルコックス
出演 エリザベス・テイラー/ロディ・マクダウェル

色彩のもつ“言葉”を広め世界中を明るく幸せに

 どんな人にも好きな色や心を明るく元気にしてくれるカラーがあるはず。また、おしゃれや魅力アップにも、色は欠かすことのできない大切な要素の一つです。そんなカラーで「世界中を幸せにするプロジェクト」を主宰し、色彩のもつ“言葉”をより多くの人に伝えたいと願う、NPO法人日本色彩言語カラフルカラー協会(京都市中京区)の中道かおり理事長に、今秋から2013年にかけての流行色や、幸運を呼ぶ色についてうかがいました。
 中道さんによると今秋から2013年にかけての流行色は、ずばり「黒」。先ごろ東京都内で行われた、日本のおしゃれな普段着をアジアに発信するイベント「東京ランウェイ 2012 A/W」でも、人気モデルが黒を基調としたファッションで登場し、話題を呼びました。

 中道さんが創造した「虹のしずくカラーセラピーメソッド」の提案する2013年のハッピーカラーは、マゼンタと黄緑。色彩には心や時代を映し出す鏡のような役目があり、マゼンタは「収穫」や「ひとつの時代の終わり」を示しているそうです。黄緑は「新たな始まり」や「新芽」を表しており、この2色は古いものやそれまでの価値観・慣習が終わりを告げ、新たな価値観や創造が生まれることを暗示しているといいます。
 「いま世界中で起こっている変革がさらに加速化し、強いリーダシップを発揮する人物や組織が大きく台頭する」と話す中道さん。これからは女性の社会進出がさらに進み、話題になった草食系に変わり肉食系・筋肉質な男子がもてはやされるほか、1980年代もののヒットやリバイバル、デザインや形がキーワードになるそうです。
 時代や国境に関係なく、人々の生活を彩り、心を癒し続けてきた「色」。「その色が発するメッセージや“言葉”を理解することで、もっと心が豊かに、人生が明るく笑顔に満ちたものになりますよ」(中道さん)。色は、わたしたちが思っている以上に不思議なチカラや深い意味を秘めているようです。

Pocket
LINEで送る