女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年11月1日

薬や医療・介助用品を無料配達サービス開始 【奈良・京都 サン薬局】

Pocket
LINEで送る

「B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリin北九州」
名張牛汁協会

利用者の要望に応えた新サービスが介護の負担軽減につながります

 京都府南部、奈良県下に52店舗ものネットワークを誇るサン薬局が、薬や薬剤投与用品、介護用のおむつ、医療・介助用品などの無料宅配サービスを始めました。
 サン薬局では以前から在宅患者に点滴や重い薬を配達していましたが、「一緒に医療用品も届けてほしい」との声が多く、また、往診対応の医療機関や訪問看護ステーションからも「医療材料を小分けで販売し、届けてほしい」との要望が増えてきたことから、宅配サービスを充実させることになったのだとか。
 「できることは、できるだけ実行させていただこうとの思いです。高齢やお体が不自由などの理由によりご自身で調剤薬局までお薬を取りに来られない方のために、これまで以上に取り揃えを充実させてご自宅まで配達させていただくことになりました」と同社専務の山下さん。患者個人はもちろん、往診対応医療機関や訪問看護ステーション関係者も利用できる便利なサービスは早くも注目の的。介助用品なども宅配してくれるため介護負担の軽減にもつながると期待が高まっています。

地域密着・街の相談役として早くも喜びの声

 同サービスを利用している方からは、「重たくてかさばる商品をその都度取りに行くのが大変でした。届けてもらえるようになってとても助かります」、「これまではどこの医療材料店でも箱売りしかしてもらえなくて、専用ガーゼなどは自分で縫って作ったりしていました。小分け販売もしてくれるのが本当に大助かりで、大変感謝しています」と、早くも喜びの声が絶えません。配送を担当する同社の大河内さんは、「お客様へ直接お届けすることで、困っていることや悩みがわかり、より充実した商品を早くお届けしなければいけないと痛感しました。お客様に喜んでいただけ時が一番やりがいを感じます」と、利用者とのつながりをとても大事にされている様子です。
 「調剤専門の薬局なので、雑貨や生活用品などお取り寄せできないものもありますが、ご遠慮なくお気軽にご相談ください」。と山下専務。地域のドラッグアドバイザーとして、サン薬局の便利なサービスに期待が高まっています。

Pocket
LINEで送る