女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年11月6日

デザイン、サイズ、機能と揃う究極の収納プラン オーダーメイド家具という選択肢 (1)

監督 ルイス・ブニュエル
出演 ステファヌ・オードラン/ジャン・ピエール・カッセル

「モックスカーグ」代表、一級建築士・岩崎光洋さんにきく

 インテリアの重要なテーマ、それは「収納」。どんな家具を使い、どんな収納するか。素敵なお部屋はそれ次第と言っても過言ではありません。
 「ここに本棚があるから幅は1m50cmまで…奥行きもあった方がいいなぁ。オシャレなイタリアンテイストで、ダークブラウンのチェストがほしい!」なんて収納家具購入を計画して、あちこちお店を訪ねたりネットで検索しまくったり。でもデザインもサイズも機能もぴったりの家具って、なかなか見つからないですよね。
 「デザインはいいけど、サイズが大きすぎる」「見た目はいいけど、品質が悪かった」「必要な引き出しが足りない…」。結局は妥協して選んだり、家具が二つも必要になってしまったり。なんだかがっかりしてしまいますよね。
 そんな時、この手があります。それはオーダーメイド家具という選択肢。でもオーダーメイド家具って高級そう…。そこで造作家具・オーダー収納家具の「モックスカーグ」代表、一級建築士・岩崎光洋さんにお話を伺いました。

オーダーメイド家具のメリット、デメリット

 「オーダーメイド家具とは、大量生産の家具ではなく、職人による一点ものの家具のことです。
 ただ手作りというだけではありません。お部屋の壁から壁まで床から天井までと、空間を無駄なく利用して最大限の収納を作ることができます。それにお部屋のインテリアにあわせて自由なデザインも可能な家具、それがオーダーメイド家具です」。
 空間の無駄なく、最大限の収納、自由なデザイン…なんて魅力的!
「ですから、メリットはデザインもサイズもお部屋にぴったり合い、完成後違和感がない事。自由にデザインできますので、これを収納したいとか、こういう仕様にしたいなどの要望に応えることも可能です。
 また最大限に収納が取れるので、お部屋の片づけが楽になります。家具と壁の隙間もないので隙間も掃除する必要もありません。
 それから安全性ですね。お部屋の壁とビスなどで固定しますので、地震の際も転倒の心配がありません。安全・安心な家具と言えます」。
 もちろんデメリットもあります。デザイン、サイズ、機能など、その方のニーズに合わせて作る一点ものですから、大量生産家具よりどうしてもコストがかかる。だから買い替えも難しいということです」。

ズバリ、費用は?

 「使用する化粧板の材料によって変わってきます。また引き出しなど手間がかかるものが多ければ、小さな家具でもコストアップになってしまう。逆に大きくても単純なものなら比較的安く仕上げられることもあります。
 もちろんもっと安くできる場合もあるのですが、当社の場合、お客様の平均価格帯は約30万円。これには工事費も含まれています」。
30万円…高い?でも既製品で大容量の壁面収納家具をそろえようと思ったら、1つで10万円はかかりそう。
それを2つ、3つ並べてやっと壁面全体をカバー…、しかも色やデザイン、扉や引き出しも希望通りのものを求めれば、どれだけ探さなければならないでしょう。そう考えると、オーダーメイドはけして高い買い物ではないようです。