女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

アニマルハート

2012年11月8日

新潟市水族館からやって来た ラッコのラッキー元気です!

Pocket
LINEで送る

道の駅草津・グリーンプラザからすま

スイスイ・プカプカ 環境にもすっかり慣れてメスラッコとのお見合も計画中

 神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)では、新潟市水族館マリンピア日本海(以下、新潟市水族館)より預かり受けたラッコのラッキー(オス・14歳)の一般公開を始めました。
 今年10月、新潟市水族館からやって来たラッキーは、輸送による環境の変化に慣らせるため予備水槽前の観覧通路を閉鎖し、静かな環境で観察が続けられていました。輸送から約1カ月が経ち、環境にも慣れ、健康状態も良好なため公開が決まりました。
 搬入当初はなかなか落ち着かず、せわしなく泳いでばかりいることもあったラッキー。現在は予備水槽でゆったり泳いだり、プカプカとうつ伏せで浮かんだりと、新潟市水族館でも行っていた行動が見られるようになりました。また、おもちゃを囓ったり、氷をガラスに擦りつけたりと遊ぶ様子も見られ、すっかり環境にも慣れた様子。時折、観覧通路で観察しているスタッフを見に来ることもあり、来館者の方へも興味津々、近づいてくることがあるかもしれません。
 今回の預かり期間中には同園のメスラッコとのお見合が計画されており、近々メスの飼育エリアである展示水槽に移動する予定です。

Pocket
LINEで送る