女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2012年11月9日

イクメン・カジダン・ケアメン・イキメンを楽しもう! 啓発冊子『ファミリースマイルUP!』を発行

Pocket
LINEで送る

滋賀県立琵琶湖博物館

男性の育児・家事・介護・地域活動への積極的な参加を呼びかける啓発冊子『ファミリースマイルUP!』を発行

 子育てに積極的にかかわり、育児を楽しむ「イクメン」はすっかり定着したけれど、「カジダン」「ケアメン」「イキメン」をご存じですか?
 滋賀県は仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を目指し、男性の家庭・地域生活への参画を呼びかける冊子『ファミリースマイルUP!』を発行しました。
 県が実施した県民意識調査(平成21年度)によると、男性も女性も「仕事と家事・育児・介護などの家庭生活を同時に重視したい」との希望が高いものの、男性の多くは仕事を優先し、女性の多くは家庭生活を優先している状況が明らかになりました。また、家事や育児・介護に対する女性の負担感が大きく、男性の家事・育児参加が進んでいないことも分かりました。

 さらに県では出産・子育て期に離職する女性が多く、女性の労働力の30歳代の落ち込み度合いが全国レベルと比べ深くなっています。そのため県は、出産・子育て期でも女性が継続して働くことのできる環境の整備や、一旦離職した女性が再び働くことのできる社会づくりのためにも男性の家庭生活や地域生活への積極的な参加が必要だとして、さまざまな取り組みを行っています。
 『ファミリースマイルUP!』の発行もそうした啓発活動の一環で、家事に積極的な男性を「カジダン」、親やパートナーを介護する男性を「ケアメン」、地域活動に積極的に参画し、地域に貢献しようとする男性を「イキメン」と名付け、「色々なスイッチをオン」(同冊子)にしようと呼びかけています。
 主な読者の対象は、20~40歳代。A5判12ページ・オールカラーで写真やイラスト、グラフを多用し、「子どもと仲良くなる10の方法」「得意な家事を見つけよう」など、読みやすく興味を引くデザイン・内容になっています。
 発行部数は1万部。県内各市町の男女共同参画課や図書館のほか、県と包括提携を結んでいるイオンやセブンイレブン、ファミリーマートで配布しています。

Pocket
LINEで送る