女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年12月5日

障害者週間にあわせ、初の物品販売イベント ―島本町「ふれあいバザール」 12月9日開催

Pocket
LINEで送る

都祁の地域おこしを考える会(都祁商工会)
「こんにゃく美人シリーズ」

自主製品販売やリサイクルバザー、LPのかかるカフェなど、各施設の個性が楽しめる

 12月3日から9日までは障害者週間。それにあわせ、大阪府島本町では「障害者週間ふれあいバザール」が開催される。福祉保健課係長・根本康也さんによれば「今まで啓発パネルや障害者作品の展示、駅前での啓発グッズ配布といった活動は行ってきましたが、新たな啓発手法を模索し、今回初めて物品販売イベントを開催することになりました」。
 参加するのは、町内にある5つの障害者施設(通所作業所)。「今まで、それぞれの施設でイベントに参加することは多くありましたが、一堂に会してイベントを行うのは初めて。しかも、各事業所が協力して企画運営するイベントも初です」。
 例えば、近隣の農家と共同で野菜作りを行っている「島本障害者共働作業所」は新鮮な野菜や焼きいもなどを販売。「エクスクラメーション・ファクトリー 山崎ワークス」では手作りの陶器や焼き菓子などが、「作業所わくわく」では自主製品の手芸品や小物、特製クッキーなどがブースに並ぶ。
 「町立やまぶき園」は衣類や雑貨などのリサイクル品を取り揃える。「福祉事業所すばる」も本やDVD、子供服などを販売するバザーを行うほか、カフェも開く。「(カフェは)利用者さんの発案です。鉄道写真などが飾られ、LPレコードを聴きながらホットコーヒーを飲めるスペースを作ります」。
 イベントが決定した当初、各事業所からの出品予定の品目は少なかったが「多くの方に(施設や自主製品などを)アピールしたいと、出品製品や提案がどんどん出てきました。事業所のスタッフや利用者が自ら考え、工夫して、それぞれ特色を出しています。まさに手作りのイベントです」。
 日時は12月9日(日)10時から14時まで。会場は島本町ふれあいセンター。先着100人には記念品が贈呈される。「多くの方がいきいきとふれあえるイベントです。会場も駅から近く、駐車場もありますから、町内の方はもちろん、町外の方もご来場お待ちしています」。

Pocket
LINEで送る