女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2012年12月9日

冬を彩るイルミネーション 節電&マナーでハッピークリスマス!

Pocket
LINEで送る

12月4日に内覧会開催
大阪市西区南堀江4丁目

バラエティ豊かな電飾の種類

 電飾には様々な種類があります。
 まずストレートライト。ツリーや樹木に巻いて使用します。また自由に形が作れるのも利点。イルミネーションのベースに使用できます。
 ストレートライトと同様、ベースに使えるのがチューブライト。チューブ内に等間隔でライトが配置されており、曲げてモチーフにしたり、様々なバリエーションが楽しめます。

 ネットライトはその名の通り、ネット上にライトが設置されたもの。ツリーや木にかぶせるだけで、全体がキラキラ輝きます。
 ナイアガラタイプはストレートライトがのれんのように吊り下げられたタイプ。窓やベランダ、軒下に下げて飾ります。
 こうした電飾でスペース全体を飾り、モチーフでポイントを飾ってみましょう。
 壁にとりつけるタイプは2Dモチーフと呼ばれ、室内でもかさばりません。またオブジェなどの立体は3Dモチーフと呼ばれ、ワンランク上のイルミネーションを演出できます。モチーフが完成して販売されているので、とてもお手軽です。サンタやトナカイ、ツリーや雪の結晶などを使えば、一気にクリスマスムードが高まりますよ。

LEDを賢く使って節電しよう

 こうした電飾も、最近は白熱電球の他にLED製品が揃っています。
 節電を考えれば、やはりLED。使用電力は白熱電球の約1/4、価格は高めですが何年もイルミネーションを行うならLEDの方が断然お得です。また電球が熱くならないので、樹木などに飾っても樹木の負担が少なくてすみます。
 従来の白熱電球の柔らかな光の味わいは出せないかもしれませんが、最近はLEDも様々なカラーがあるので豊かな演出が可能です。
 また節電のために、点灯・消灯時間を決めましょう。デジタルタイマーなどを使えば自動的に設定時間で点灯・消灯ができます。
 それに屋外や窓辺の深夜のイルミネーションはご近所の迷惑にもなりかねません。夜10時頃を目安に、ご近所の生活リズムも考慮して消灯しましょう。
 家族だけでなく近隣の方に喜ばれることがイルミネーションの楽しみのひとつ。マナーを守ることが、毎年イルミネーションを楽しむ秘訣といえるかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る